旧ぎんいろ。アニメ感想(レビュー)、危険なマイ★アイドルの攻略やってたりします。稀にBLCD感想が出現。2010年末を持って更新終了しましたが、本家が死んでいたので一時的に利用していました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~第9話のあらすじと感想です。

第9話「穂積」

(あらすじ)
沢衣村に祭の季節がやってきた。それは、亡き母と、父を結んだ祭。
ふとしたきっかけで琢磨が見つけた鈴は母親の形見だった。
――男性から好きな女性に鈴を渡す。その思いに応えるために、女性はもらった鈴を身につけて祭にやって来る。祭は、互いの想いを成就させるためのものでもある……。
その事を知らなかった琢磨。母親の形見だからとかばんにぶら下げていれば、それを見つけたはやみとほたる、ゆいは動揺。はまじも貰う気は満々の様子。
その一方、はやみの住まいが大人達によって焼かれるという事件が起きた。行き場を失ったはやみは、琢磨の家に身を寄せる事になる。
そして琢磨の母親が自殺したと言う真実を知ったはやみ。
壊れてしまって、直した鈴。祭当日、それを自分は琢磨を傷つけたから渡せないとはやみは思っていた。
しかし、琢磨は待っていた。丘の上で、誰でもない、はやみを――。

(以下、第9話感想)
[アニメ「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」第9話。]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : H2O, ~FOOTPRINTS, IN, THE, SAND~, 第9話,

Breakin’through(初回生産限定盤)(DVD付)Breakin’through(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/02/27)
喜多修平

商品詳細を見る


アニメ「PERSONA -trinity soul-」のOPである「Breakin’through
かなり気に入っているので、喜多修平のCD買ってしまった……。メイトで買ったらポスターついてくるんですな。びびった。フェアやってるのでペルソナのステッカーももらえて私は満足だぜ。
初回を買ったわけだが、DVDはまだ見てないのだよなぁ。明日あたりにもで見れるかな。
聞いたけど、やはり歌はいいと思うわけです。ポルノに似てるとの意見が結構あるけど、そこまで似てるとも思わないけどなぁ。キミの記憶も良いですぞ。このCDはオススメです。是非ー。
ペルソナはDVDも予約してしまった。初回のドラマCDが楽しみすぎる。

他、絶望先生のEDやら乙男やらあまつき6巻(メイト限定版)やら今更ジャンプやら。乙男は私は趣味でないんだが、インフルエンザで死亡中の姉に代わって買いに行く羽目になったのであった。障害犬タローの本まで母親に頼まれるし。
あまつきは衝動的に。1~5巻は後日買ってくるとしよう(持ってません)。
アニメまで後一ヶ月くらい。なモノクロームファクターをとりあえず消化して行こうと思う。
アニメ、楽しみなんだけど公式見て激しく不安です。作画が……。で、当然のようにこっちで入らないので、またニコ頼みか。

関連タグ : 喜多修平, PERSONA, -trinity, soul-, Breakin’through,

記事遅くなったぁぁぁ。
と、いうわけで今回は簡易版です。

客足が伸びない工場。来たのはパンク修理の客一人だけ。客が来ない――、給油を求められるのにそれに対応できない。うん、心配したりいらだったりする気持ちはよく分かるぞポルフィ。しかし、ねぇ……。
パンクは釘によってもたらされた。だからパンクさせてしまえば客が沢山来る。
どう考えても犯罪です。本当に有難うございました。
最終的には良心が痛んで回収にいったからよかったけれど、子供の考える事は恐ろしいわぁ……。
もし決行していて両親にばれたらお前、ただではすまんぞ。
で、回収しにいったところで車にひかれそうに。ぎゃーと思ったけど、予告で生きていたので大丈夫そうですね。
[アニメ「ポルフィの長い旅」 第8話 真夜中の作戦]の続きを読む
競馬ストライク
無料メールだったので軽い気持ちで登録したら、そこは典型的なアレ……つまりは詐欺でしたよ、という話。
メールもネット情報も全部嘘で、振り込んで外れると謝罪のメールと電話がやってくる。で、次は絶対とかいうも、それも外れる→次こそはとれます→外れるの無限ループ。っぽい。しかも一度外れるとサイトにはアクセスできなくなるという(客情報が消えてる)
1万円損した……後でググって詐欺だとの事実を私は知ったわけで。結構凹むも、1万ですんでよかったのかなぁ。やはりそんな簡単にお金は稼げないか……競馬は気が向いたときに自分で頑張って予想してやろうと思った今日この頃。
[そんなに美味い話あるわけないなって事と、ブログのタイトル変えたりとか、初代WAの音楽はやはりいいなとの事。]の続きを読む

関連タグ : 競馬ストライク,

第8話「雪が降っていない街」

絡み合う、いくつもの曖昧な感情。始まった奇妙な関係。
愛子に突然キスをされた眞一郎は、そんな風には見られない、忘れるから――とその場を後にしていた。
眞一郎と乃絵の心の距離が近づく。彼女に絵本の続きをせがまれ、眞一郎は絵本の続きを書いては乃絵に読んで聞かせる。
しかしその一方で比呂美は、その状態が続くことに耐えられなくなってきていた。
雪が降っていない街。純と比呂美の唯一の共通点――体育館で、ゲームを持ちかける純。
フリースローは3本勝負。1本決める毎に質問が出来る。
ハンデをつけた結果、比呂美の圧勝。純により、明らかになる乃絵の事。
そして純は、交換条件の事までも、話さなければならない事に。
乃絵と眞一郎、比呂美と純。学校で出会った2組は、しかし、比呂美の態度は乃絵に対して冷たいものだった。
家に帰れば、燃やされた写真の残骸。切り取られているその部分。
自分がここに来た事が間違いであったと、家を飛び出した比呂美は純の元へ。
バイクで――今度こそ、雪が降っていない街へ――。
[アニメ「true tears」第8話。]の続きを読む
第8話「ハジマリ」

キラメキによって傷つけられたフミカ。要は怒り、彼に殴りかかる。
春乃は、彼がこれ以上何もしないように部屋に閉じこめるが、ドアを叩きながらキラメキは叫ぶ。
リビングで夏香に介抱されるフミカ。撃たれたその傷は、自動的に修復されていった。
彼女の口から語られる文歌の過去と――、そしてフミカという存在の理由。
美川文歌。母親は彼女を生んですぐにキラメキと離婚した。自分が大好きであるキラメキは文歌をとても可愛がった。自分の分身であるが故に。
いつ、どうしてそれが始まったのかを、覚えていない――。芸術の時間、と称された虐待。
体に小説の下書きをするキラメキ。そんな事をされても、文歌はキラメキが好きだった。
だから――、もう1つの人格を作り出した。
耐えるフミ。そのフミに全て押し付けて逃げ出した、ミカ。配達人であるフミカは、そのミカの方。
フミは中学で初めて、沢山の人をその瞳に映した。その時までずっと、外に出してもらえなかった。
文歌が成長して、虐待は更に増す。これではフミちゃんが死んでしまう。
キラメキを銃で撃ったのはミカ。しかしフミはそれを自分が撃ったのだと思い込んで、そして目を覚まさなくなってしまった。
フミカは待っている。彼女が目覚めるのを。
夏香や要も共に、それを待つ――。
[アニメ「シゴフミ」第8話。]の続きを読む
黒い鳩ねぇ。
第8話「対決 上杉 対 武田 」

錬を気に入った揚羽の行動はエスカレートしつづける。そして、気がつけばまるで存在を忘れられたかのような朱子。未有は思う。何か手を打たなければ――と。
予定をすぎても帰る気もないまま居座る揚羽に対して、久遠寺家の面々にも少しずつ不満がたまり始めていた。
揚羽専属執事である小十郎は、入院する病院を抜け出して無理矢理復活したものの、揚羽は錬に夢中で以前のように構わなくなってしまった。
久遠寺家にやって来た彼は見てしまった庭の片隅で恋い慕う主人と錬のキスシーンを。
激昂した小十郎は、錬に揚羽を賭けた執事勝負を挑んでくる。
それは体力勝負――、1回戦は錬の勝利。2回戦は小十郎の勝利。3回戦は――しかし小十郎は限界でとうとう倒れてしまった。
その姿を見た揚羽は家に戻る事を決意、久遠寺家にはいつもの日々が戻ってきたわけだが――。
[アニメ「君が主で執事が俺で」第8話。]の続きを読む
第8話。
第8話「スパイナツプリン」
    「暴露の実の熱する時」
    「半分捕物帳」

第8話。「スパイ~」は、最近やたらあらぬ疑いをかけられるという話。
何でも疑いをかけられる世の中……、メールをあからさまに隠したりとかいるいるw
ネタぱくられたーって人もいるよね。でも、構図を商業誌からぱくる同人作家とかいる世の中ですからね。
疑われまくって、遂には国交のない某国のスパイ疑惑がかかってしまった先生。チキンな体は勝手に逃げてしまってますよwヤケクソな先生は、売国奴となって情報を売り渡してやる、と。しかしそんな先生、今度は2重スパイの容疑が!
可符香の提案するスパイ対策。ポジティブカウンターインテリジェンス。偽の情報でスパイを混乱させる。
木曜にマガジン買うと連載増えてるらしい、ですが……藤吉さんが買ったら本当に連載が増えていましたとさ。

「暴露の実~」は、今まで必死で隠してきた事が、白日の下に晒されてしまう、という話。
五月晴れならぬ五月バレ。
キャラを作るとかね、ありますなぁ。それに漫画とかもありますなぁ。最初面白かったのに一ヶ月くらいすると首を傾げたくなってくるもの、ありますよ。
[アニメ「俗・さよなら絶望先生」第8話。]の続きを読む
どうも楽天やgoo等からのTBをこのブログが現在受け付けてくれない様子。
さすがに同じFC2は大丈夫なようですが。
うーん、何か同じFC2からもそんなに来なくなってるし、弾かれてるかもしれませんね。
このままなのもアレなので、とりあえず問い合わせはしてみました。

後、もしかしたら画像の問題があるやもしれないので、絶望先生などの記事は、一旦画像なしであげてみます。
それで大丈夫だったら、TBが落ち着くまで画像のアップはなしにしてみますね。
とりあえずペルソナやガンダムの画像もべりっとはがしてみる事にします。
もうそろそろいいかと思って元に戻しました。絶望先生やらも明日あたりには追加。きみあるはTB数いつも少ないので追加します。
……でも、画像あってもちゃんと楽天やらから届いたりしてたんだけどなぁ。

ちゃんとTBが届くようになってほしいものです。
第8話


(あらすじ)
叶鳴に呼び出された拓朗。その手に握られている紙を見て、拓朗は叶鳴が自分に告白するのだと勘違いする。実際、それはただテストの答案用紙を返却するだけの事だった。
後からやって来た慎。実は彼も叶鳴から呼び出しをくらっていた。
空気読め。そんなやり取りをしていたところで、慎達は転校生の姿を見る。
転校生の名前は山咲まゆり。彼女は、どうやら守本叶鳴と面識があるようだった。しかし叶鳴は彼女に対してどことなく気まずそうな態度を取る。
彼女が転校してきてから、学園で不可思議な現象が起きるようになった。
パイプのねじれ、椅子のねじれ、サボテンが生えた椅子、拓朗の机の中には何故かめぐみの体操服。挙句の果てには、黒板に模型らしきものが埋め込まれている……?
人の悪戯とは思えない異様なその状況を訝った慎達は、叶鳴の提案で謎を解明するため深夜の学内へ乗り込む事になる。そこに、洵も加わって。
[アニメ「PERSONA -trinity soul-」 第8話 クスノキの下で]の続きを読む
メールを見直して、見直して見直して。
紗慈の脳裏には、ルイスの左腕の再生治療が不可能だと言う事実が思い起こされていた。
ガンダムのビーム兵器には、細胞に障害を発生させるものが含まれているのではないか。そう推測されるわけだが……。

ユニオン、人革連、AEUは軍事同盟を締結してガンダムを殲滅する事を宣言する。
その宣言に、人々は立ち上がり拍手を送る。その中にある、アレハンドロの姿。
世界は1つにまとまろうとしていた。それはCBの筋書き通り、なのか。
――これが貴方の望んでいる世界なの?
マリナは届くはずのない疑問を刹那へと向ける。

そんな事が宣言出来るのは、CBからの裏切り者による提供があってこそ。
GNドライヴ――それを搭載した機体は全部で30体。各国に10体ずつ割り振られ、それは当然ユニオンにも割り振られた。
その機体を操作するのはフラッグ隊から。そして隊長は君だ、とカタギリから言われたグラハムだったが、彼はハワードの墓前に誓っていた。自分はフラッグでガンダムを倒す事を――。
[アニメ「機動戦士ガンダム00」 第20話 変革の刃]の続きを読む
第8話「音羽」

……あれ?見る番組間違えたのかしら。

巨乳な妹ほたると貧乳な妹はやみ――その2人の義理の妹と暮らす平凡な少年の名は弘瀬琢磨。
幼なじみのはまじ達とともに学園生活を送る彼は、登校途中に音羽と遭遇する。
これから起こる変な事に対してちゃんとツッコんでと言われた琢磨。
そんな音羽は何故か琢磨の婚約者。
そして、日本全土に農業を広げて支配し、食糧自給率100%を目論む悪の魔法少女――マジカルファーマーゆいが出現する。
彼女の魔の手から学園を守るのは――、精霊界から来た愛と希望の魔法少女、マジカルおとはだった。

公式のあらすじの力を借りました。ちょこちょこ書き換えはしましたけど、もう何書いていいやら……。そして何を突っ込んでいいのやら。なので感想がとてつもなく遅くなりましたとさ。
まさか本当にマジカルおとは始まるとは思わなかったんだぜ!
[アニメ「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」第8話。]の続きを読む
今回、こちらのブログに飛べない、TB出来ないと言った事があったようで、記事としてまともに理由を書いておこうと思います。
2月16日の夜頃~17日の昼頃まで、FC2の18サーバー(つまり私のいるサーバーですね)や他サーバーに障害が発生しておりました。
全記事が削除され、広告が残っているだけの状態、復旧したと思えばPERSONA7話の記事は消失していました。
障害があった間に、TBやら何やらしてくれようとしていた方々にはご迷惑おかけしました。
どうも18サーバーは安定感がないっぽい。またいつ障害発生するかと思うと恐ろしいものがありますね。もう少ししっかりしてほしいなぁ。
ちょっと遅れましたが、これは書いておきたいので書いておこうかと思いますよ。
東京魔人學園剣風帖がDSで復活です。

最近になって情報が解禁されたわけですが、いや嬉しいです正直。記事見た時思い切り叫んだ痛い子です。
ゲームってどうもクリアしないで気がつけば放置、な事が多かったりする私ですが、これは当初かなりはまって、最後までちゃんとクリア出来たゲームでした。
とにかく面白かったんですよ。
感情入力システム――が珍しくて、その当時から既に腐った思考回路を持っていた私は、女子放って男子にばっかり構って、「愛」やら「喜」を入力していた覚えがあります。
でも男子も女子も魅力的で、殆ど好きでしたよ。ええ殆ど。
[東京魔人學園剣風帖がDSで復活。]の続きを読む
(あらすじと感想)
ポルフィはアレッシアの事が忘れられないでいた。彼女から来た手紙に気持ちが弾むのを抑えられない。
一方で自動車の修理工場はぼちぼちと人が来るものの、ガソリンの給油を求める客が多いのも確か。立派なのは看板だけ――、ああ、この言葉は結構ぐさりと来るやもしれない。
店じまいをして、映画を見に来た一家。
なんですが……父は銀行に仕事の件で話があるとかで、結局映画は父親抜き。
そしてこの映画何と実写!内容はえっと……王道ってかあの……、正直寒かったですごめんなさい。
映画が終わって、しかしミーナはすっかりこの映画の虜になったようです。
父親に興奮気味に話しております。
[アニメ「ポルフィの長い旅」 第7話 ポルフィの欲しいもの]の続きを読む
第7話「ちゃんと言って、ここに書いて」

眞一郎は比呂美の話を容易に受け止める事が出来ないでいた。母さんが何を吹き込んだのかは知らないが、そんな事あるはずがないと、眞一郎は考えていた。元気のない眞一郎に弁当を差し出した乃絵だが、ベルトは返してと言われても弁当は受け取ってもらえない。
乃絵はその足で昼練をする比呂美のもとへと向かい、そして口論となり取っ組み合いのけんかとなる。眞一郎は飛べると言うのに――。
何があったのか、乃絵を問い詰める眞一郎。そして問う。俺が好きなのか……?
乃絵の赤くなった表情、考えて――自分は乃絵が好きなんだと考え始める。ならばあんなに振り回されたりはしない。
乃絵もまた眞一郎に指摘された事により、彼が好きな事に気づく。色々な所が熱い、その乃絵を純は優しく抱きしめる。
初雪が校庭を白く染めた日、雷轟丸の墓の前で乃絵に気持ちを伝えた眞一郎。
そして愛子の店へと向かった眞一郎は、自分が乃絵と付き合う事になった事実を告げる。
それを聞かされた愛子は、私の事も見てよ――と、彼の唇を奪った――。
[アニメ「true tears」第7話。]の続きを読む

関連タグ : true, tears, 泥沼化,

第7話「キラメキ」

就職して3年目なのに、未だにコピーにお茶汲み。いわゆる雑用係――な葛西春乃は、ある日、文歌の父親である作家――美川キラメキの担当を任される事になった。彼女はキラメキの大ファンであり、その事に対して喜びを隠せなかった。
一方で文歌の事を知るために夏香の家を訪れた要は、寝坊して今まさに家を出ようとしていたところの春乃と鉢合わせる。
直接キラメキ邸へ向かうことにした春乃は遅刻をまぬがれはしたが、肝心の地図を忘れてしまい、妹の夏香に携帯まで送るよう頼み込む。要の助けで地図を送信した夏香だが、それで住所を知った要が、直接文歌のことを聞くためにキラメキ邸に行くと言い出す。
春乃、夏香、そして要。それぞれがキラメキ邸へ向かう中でフミカもまた、キラメキ邸へシゴフミを届けるために向かう。その前に訪れた病院で、4年前から目を覚まさない少女の前に降り立つ。
フミちゃん。それはフミカの片割れ。フミちゃん――ごめん。謝るフミカの指は、銃に貼られたシゴフミ用の切手をなぞる。
キラメキ。それはあまりにも煌めいていて、奇妙すぎる存在。担当は、彼によって次々と壊されていた。
美しくないものを好まない彼は、フミカから受け取った、読者の気持ちさえ美しくないという理由で燃やそうとする。
変わらない――フミカの紡ぐ言葉で、彼女が文歌だと顔を輝かせたキラメキ。そんな彼に銃を突きつけたフミカだったが、逆にフミカはキラメキに撃たれてしまった。
そこには、夏香も要も、いて――。
[アニメ「シゴフミ」第7話。]の続きを読む
第7話「久遠寺家全滅!?来訪者は揚羽様だった!」

久遠寺家の庭に、突如降り立った軍用ヘリ。
その中からだ現われたのは夢のクラスメイトであり、世界三大財閥の1つである九鬼家の跡取り娘――揚羽だった。
しばらくやっかいになると告げる揚羽。なんでも、執事である小十郎を全治3ヶ月の怪我に追いやった揚羽。娘の粗暴さに手を焼いた父親は、しばらく久遠寺家に預けることにしたのだった。
あまり歓迎ムードではないような久遠家の面々であったが、プレゼントによりあっさりと揚羽の滞在を許してしまう。そして森羅は、錬が揚羽の世話をする事も承諾していた。
各々プレゼントに夢中な面々は、揚羽によって錬がどんな目にあっていようとも見向きもしない。
そんな中、揚羽を狙う刺客あり。バスタオル一枚で出て行きこれを撃退した揚羽ではあったが、その様子を見た錬は、揚羽が刺客に襲われている事を不憫に感じていた。
錬に対して、忠誠の口付けを要求する揚羽。手の甲に落とされたそれ――、しかし温いと感じた揚羽は錬の唇を奪う。それは互いにファーストキス。
光景を目撃してしまった美鳩は落胆せずにはいられなかった――。
[アニメ「君が主で執事が俺で」第7話。]の続きを読む
何か眩しいなぁ、先生が。
第7話「百万回言われた猫」
    「赤頭巾ちゃん、寝る。気をつけて」
    「津軽通信教育」

第7話。「百万回~」は、言うものと言われるものの温度差の話。
面白い事を言っているつもりでも、言われている当人にとっては聞き飽きている事柄。
あるわなー、そういうの。私は覚えがないけれど……。何回も言われるとさぞかし鬱陶しかろう。
広島の木○は、あれはツッコみたくてたまらん時期があった。彼は言われ飽きているに違いない。
マイノリティな藤吉。少年マガジン。
私もそんな事思ったことないわwキャッチャーが受けなんですか?とか、そんな事を聞ける藤吉が凄いと思うよ。や、思ったことはあるんだけど……w
「赤頭巾ちゃん~」は、絶望音頭にクッキング。最初にあったリリキュアの続きに絵描き歌。
絶望音頭、ってこれは首吊りですよねw3分間くらいクッキング。黒煮豆5時間って。時間かかりすぎだー!
絵描き歌。歌の通りに書いても、似ない事のが多い気がする。画力の問題と言われればそれまでだけどさ。千里の描いた先生怖すぎる。しかも目が動いてるんですけどぉぉ。
リリキュア。何かキラキラしてる。眩しいぜ……!
[アニメ「俗・さよなら絶望先生」第7話。]の続きを読む
気をつけて。その言葉に萌えた。

(あらすじ)
黒部海岸の温泉旅館へと行く事になった慎達。先日の一日署長をした事により、宿泊券を貰ったのだった。
茅野めぐみに誘われて一行に加わったダンス部の先輩である田坂悠美。そして散々自分が暇である事をアピールしまくった結果、自腹でなら行かせてもらえる事になった戌井。
悠美は、マレビトに襲われたショックと、そして後遺症から立ち直れずにいた。
身を投げ出すのではないか――めぐみは心配するも、悠美は大丈夫だと口にする。
拓朗が誤ってめぐみと叶鳴の入浴場面を目撃したりする事もあったが、時間は普通に過ぎていった。しかし夜、拓朗がこっそりと部屋を抜け出した。
1人何をしているのかと思えば、それは――ペルソナを上手くコントロールするための特訓。
めぐみはそれに対して、駄目だと激しく止めて、そんな事をしても意味がないと言うが、慎がそんなめぐみに対して言葉を紡ぐ。
戦う時が来たら、自分も拓朗と一緒に――。
遠くからこちらにやって来る戌井と叶鳴。彼の言葉で、慎達は悠美も部屋を抜け出していた事を知る。
壊れかけた精神を抱きながら、悠美は海へ身を投げようとしていた。虚ろなその眼に映るのは、羽根をまとった少女の姿。
姿を確認した拓朗、慎にめぐみは各々のペルソナを発動し、悠美を助けようとする。結局のところ、悠美を助けたのはめぐみ。慎の前にはあの赤い服の少女が現れ、すぐに羽を残して消えてしまった。
彼女を抱きしめているめぐみを見ながら、洵は心が壊れて――と悲しげにその光景を見やっていた――。
[アニメ「PERSONA -trinity soul-」 第7話 私という他者]の続きを読む
お前達が、ガンダムであるものか……!
ガンダムスローネを駆逐する事を決意した刹那は、攻撃を仕掛ける。
3対1の状況下。そこへ現れたのは、ティエリアだった。
志を同じとして、戦術フォーメーションを使ってスローネと相対する。
ティエリアは装甲をパージ。ガンダムナドレが持つ真の力――ヴェーダとリンクする機体を全て支配下に置く。
とするものの、何者かにより強制解除されてしまう。
まずい――そこへ現れたのが、スメラギから好きにしろと指示を受けたロックオン。狙い打つ気満々であったが、スローネは退却を決意。
去り際、ヨハンが投げかけた言葉。そして明かされた真実。
ロックオンの仇は、すぐそばにいる。
反政府ゲリラ組織KPSA。ソラン・イブラヒム。コードネーム、刹那・F・セイエイ――。
彼の両親と妹を殺した、組織の一員。

ルイスのいる病院。流れるニュースで、紗慈はガンダムの名を呟く。
学校を休んでいた彼に、ルイスは日本に帰るように促す。
紗慈が夢を叶える事。それがルイスの夢である。
思い出される、記憶。そしてルイスとの出逢い……。
[アニメ「機動戦士ガンダム00」 第19話 絆]の続きを読む
第7話「ほたる」
村の祭りをもうすぐ控え、ひなたの提案から浴衣を縫う女子生徒達。
苦戦している女子がはやみの助けを借りるなど、はやみは以前のような扱いを受けることなく、徐々に馴染み始めているようだった。
夕方。幼い頃に死別した妹の部屋で、ひなたは古びたスケッチブックを見つける。
――時ノ音の精霊の物語――その絵本をぱらぱらとめくっていれば、途中からは白いページばかりが続いた。
眺めていれば、そこへ祖父が現れ、厳しい声を浴びせる。
立ち入り禁止だった妹の部屋。そこで、ひなたが口にした言葉。
――ほたるは、もう……。口にすれば髪を引っ張られて祭壇の前へ。
明らかになった真実。ひなたこそがほたる。真実を隠すために、ほたるがひなたとして生きることとなったのだった。
[アニメ「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」第7話。]の続きを読む
(あらすじと感想)
修理工場に来たお客さんにお料理を出す――そのための買い物を頼まれたミーナと、その付き添いであるポルフィにザイミスは、帰路の途中で、立ち往生しているトラックを見かけた。
ジャンニとアレッシア。イタリアから来たというその親子。ポルフィは、娘アレッシアを、そのいでたちから男であると勘違いしてしまう。
ズボンをはいているから――ってちょ、殆どズボンしかはかない俺涙目w
すぐ近くがポルフィ父の修理工場であった事から、無事修理されたトラックではあったが、遅れた分を取り戻すべく飛ばさなければならない。
行った先では荷物運びもある事から、アレッシアは父親が戻ってくるまでの間、ポルフィ達とともにいる事になった。
[アニメ「ポルフィの長い旅」 第6話 イタリアから来た少女]の続きを読む
第6話「それ…なんの冗談?」

開けないで――眞一郎を止めた愛子だったが、眞一郎は三代吉の声に答えて店の扉を開けてしまう。無理に来なくてもよかったのに……、呟いた愛子は、サイズ合わせを自ら申し出た三代吉に対して、合わせるどころか甘えないでよ!と声を荒げる。
帰り道、眞一郎が悪気なく発した言葉――日曜日に何の用事があったのか……、その先の言葉で、三代吉には眞一郎と愛子が自分抜きで買い物に行った事実が突きつけられる事になってしまった。
三代吉と愛子が付き合う事になった経緯……、それは三代吉の一目惚れで、やや強引な眞一郎の説得が愛子にOKの返事を出させた。
一方で乃絵の兄、純は比呂美とデートの約束を取り付ける。
――好きなものを、好きでいられなくなるって、きついよな。その言葉は、比呂美に過去を思い出させる。雪が嫌いになったあの日の出来事を。
愛子の本当の気持ちを知った三代吉。
自分と比呂美の関係を知ってしまった眞一郎。事実にただ、呆然とするしかなかった――。
[アニメ「true tears」第6話。]の続きを読む
いや、夢が可愛かったもんで……。
第6話「夢改造計画」

強烈すぎる人々に囲まれ、影の薄さに悩む夢。
そんな彼女は、自分の妄想を夜な夜な「YUMENOTE」にびっちりとつづっていた。
謎の怪物――クマーンと戦い、見事地球の危機を救う魔法少女な自分。
ふとしたきっかけで、「YUMENOTE」の中身を覗いてしまった錬は夢への同情を覚える。
彼女がどうしたら個性の強いキャラになるのかを久遠寺家の面々と夢改造計画を話しあうのだが、どのキャラでいっても、姉達よりは個性が強くはならない……。
影の薄さが濃いキャラになろうとするも、既に千春がそのキャラであり、千春とともに夢も泣き出してしまう。
夢を励ます錬、そして南斗星。彼女のカリスマは、フォローしてあげたい気持ち。
あせらずゆっくり考える事にする。太陽の大きさに比べれば、夢の悩みは些細な事だった。
頑張った錬には夢と、そして南斗星からのキス。そのキスに、錬は顔を真っ赤に染め上げるのだった――。
[アニメ「君が主で執事が俺で」第6話。]の続きを読む
第6話「サケビ」

森下俊介は、匿名掲示板でイジメられている人間のカキコミを見ていた。
自分の学校生活の中で当たり前のように行われているイジメ。カキコミと比べれば、それは随分とマシなように思えていた。
ところがある日、森下はそこにカキコミしている人物が、同じクラスでイジメを受けている菊川公一である事に気がついてしまう。本人かどうか確認する森下だが、菊川から助けてくれと懇願される。悪いのは苛めているほう、自分ではない――と。
そしてその現場をイジメグループに見られた森下は、菊川が友達ではないと証明してと言われ、菊川を学校の屋上に呼び出す。
そこにあった鉄骨。それを渡るだけの簡単なルールのゲーム。
助けた、と森下は言うも、裏切られたと感じた菊川は自殺。そして標的が森下へと移り、半分死人の2人目が出現する。
また行われようとしていたゲーム。そこに現れたフミカが手渡す、菊川からのシゴフミ。それには彼に対する恨みがつづられていた。
森下は戦った。社会的には死んだが――自分を守るために。
そしていじめの連鎖は続く。
[アニメ「シゴフミ」第6話。]の続きを読む
第6話。
第6話「君知りたもうことなかれ」
    「夢無し芳一の話」
    「隠蔽卒」

第6話。「君知りたもう~」は通知と非通知の話。
終業式。非通知なので通知しません、と成績を通知しない絶望先生。配られたところでそれは黒く塗りつぶされていて、成績なんて分かったものじゃない。
通知されるのにはろくなものがない……ああ、それはよく分かるw
お菓子の成分はあまり知りたくないよね。食べる時はあんまり見ないようにしてます。
なんでも通知する世の中、それに絶望して田舎に疎開決行。しかし電波届かずとも、虫の知らせが存在して、結局何も通知されないのは不可能で、戻ってきてしまいましたよ。
何でも知ってる噂好きのおばちゃん。千里の成績知ってるなんてすげぇw
そして宇宙の真理までも……。
[アニメ「俗・さよなら絶望先生」第6話。]の続きを読む
第6話。

(あらすじ)
綾凪署へやってくるはずだった一日署長――ちーこりんが、大雪で空港に足止めされてしまった。交通安全イベント開催のため、代役を探して奔走する署員達。
一日――いや、もう半日か――の署長は、成り行きでめぐみと叶鳴がなる事に。
その報告を受けるとなった時、折悪く諒のもとに「リバース事件発生」の報が入った。
単身現場へと赴く諒だったが、そこには酔いつぶれたハゲ親父。無駄足だった、と呟いた諒が見た光景。風船を配っているくまが倒れてしまう場面。
腹が減っていると言う彼に食べ物を買ってきたものの、そこに彼の姿はなくキグルミだけが残されていた。そこへ泣き声が聞こえる。
くまから風船をもらうのだと言うその男の子の声に、自分がキグルミに入って風船を渡す事で叶える諒。
しかしその男の子達は、署長不在の綾凪署に入った誘拐事件――で、誘拐された男の子達であった。
[アニメ「PERSONA -trinity soul-」 第6話 署長が消えた日]の続きを読む
グラハムが格好よいからつい……キャプなど追加してみた。

奴等の武力介入はこれで7度目――、ガンダムスローネの武力介入は続いている。
軍事基地ばかりを狙い、そして殲滅。
彼等の行動によって、CBの計画は台無しになっていた。
刹那は疑問に思う。あれが――、ガンダムのする事なのか。

武力介入を続けるガンダムスローネの存在。それはユニオンや人革連と手を組んだところで倒せるかどうか。
その存在、監視者であるアレハンドロも知らないと言う。
エクシア等と同機体であれど、GNドライヴが違うガンダムスローネ。ドライヴの活動時間は、こちらは有限。
擬似体である事から、スメラギ達は何者かがガンダムの技術を盗んだのではないか、ヴェーダがハックされているのではないかと推測する。物事に、絶対はない。
組織の中に、裏切り者がいて――、ヴェーダには何かが起こっている。

AEU スペイン北部。
ガンダムスローネドライは、ミッションの目的地に向かう途中で見た――幸せそうな光景に苛立ちを覚え、民間人を蹂躙する。
……死んじゃえばいいよ。

フラッグを駆って、ガンダムを倒す事を――。
ユニオン アメリカイノイリ基地。
そうか。ビリーも怪我してたんだね。そのビリーは、軍の中に内通者がいると考えていた。
話をしているところに、ガンダムの接近が告げられる。
軍事工場を襲おうとしているガンダムスローネに、グラハムは1人牙を剥く。
――そんな道理、私の無理でこじ開ける……!
アイリス社工場で攻撃を続けているガンダムスローネ。その中のアインと相対する。
一矢は報いたものの、そこでは800人もの犠牲者が出てしまっていた。
[アニメ「機動戦士ガンダム00」 第18話 悪意の矛先]の続きを読む
第6話「ゆい」

――私だけは、絶対に小日向を許さない。
琢磨やひなたの、はやみに対する態度の変化に戸惑いながらも、ゆいは彼女への憎しみを新たにする。
琢磨とひなたとはやみ。3人が卵焼きを食しているところへ現れ、それを台無しにする。
それが村長の耳に届こうとも、関係はなかった。
一方琢磨は、はやみの口から、ゆいが何故彼女を憎んでいるのか、その理由を聞かされる。
ゆいの祖父を殺したのは小日向家。金がなければ薬は恵んでくれない。散々巻き上げておいて、もう何が残っているというのか……。
ある日。真紀とはまじを連れ、町に買い物に出たゆいは、偶然、琢磨とひなた、そしてはやみと出会ってしまう。ともに遊ぶことになるも、2人の仲は険悪。
1人山道を辿る事となったゆいが、足を滑らせたその先には、焼け焦げた日向家があった。
その焦げ跡の中、恨みを吐き出すゆい。彼女を止めたひなたが拾ったのは、かつて卵焼きを乗せて食べていた皿。
次の日、給食当番のゆいによって日向の前におかれた卵焼き。それは、甘い――。
[アニメ「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」第6話。]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。