アニメ「ポルフィの長い旅」 第52(最終)話 この瞬間のために

ここでは、「アニメ「ポルフィの長い旅」 第52(最終)話 この瞬間のために」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅の終わり。
ポルフィの長い旅」第52話あらすじ感想です。
ようやっとその瞬間がきましたな。

あらすじ
朝、ポルフィとローズはいつものように朝を迎えた。
クリスマスイブであるその日、ポルフィはローズにあげるプレゼントがない。
自分の持ち物を言われるがままに見せたポルフィは、その中からナットを彼女に所望される。
はめて、と言われてローズの指にはめるポルフィ。そしてローズもまた、ポルフィにクリスマスプレゼントを贈ると言う。
ティファニーと連絡を取るローズは、ミーナのことで大事な話があると言った。
ローズと出会ったティファニーは、ポルフィとミーナのために最高の舞台を用意しようと提案する。
夜、ポルフィをミーナと再会させるためにローズは彼とザイミスを連れ出す。
ローズがポルフィにそこまで優しくする理由、それは好きな人には幸せになって欲しいからだった。
連れてこられたのは映画館。そこでザイミスは、街中で出会ったナタリーの存在に気づく。
歩き出すポルフィ。幕が上がる前に出会った人々を思い出す。
そして――ポルフィは遂にミーナと再会する。

感想
ポルフィとミーナ、ようやく再会できましたね。
再会するまでに、名を呟いて人々を思い出すところがよかったですね。アポロとかもう切ない。
離れたくないがために嘘をついたローズは、ポルフィのこと好きだったんですな、本当に。
……なんつー歳の差だよ。まあ、歳の差なんて気にすべきではないんでしょうが。
そう言えば、ザイミスもさり気にナタリーにほれたっぽいですね。あの後どうなったのか?気になるようなならないような。
ティファニーと連絡を取って、ようやくミーナと再会させることが出来る、ということで彼女が用意したのは映画館。普通なら、ようやく会えるんだなーとドキドキするんでしょうが、そんなものがほぼなかったなぁ……。
でも2人が再会して、抱き合うところはちょっと感動いたしました。
できるなら、その後が見たかったんですけどね。やはり2人でギリシャに帰ったのでしょうか?

と、いうことで「ポルフィの長い旅」の感想はこれにて終了です。
なんだか残念な名作劇場になってしまったような印象。旅に出るまでは素直に面白かったと思ってるんですが、旅に出てからがまあ……。
中盤もう少し削ってパリ編長くして欲しかったですね。明らかにいらねぇだろうと言うエピソードもありましたしね。
長いという割りに、旅の期間は半年間、てのも、ちょっと……。
最後は綺麗にしめてくれてよかったと思ってるんですが、そこに至るまでが酷かったですね。
次回の名作は4月からなんですね。面白そうではありますが、やるかは不明。

スタッフの皆様、お疲れ様でした。
そしてコメントやTB下さった方々、記事を読んでくれた方々有難うございました。
また新番組でお会いできれば。

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください。そうしないと飛ばない仕様となっています(だだ通しだとスパムが来るもので……)

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : ポルフィの長い旅, 52話, , 最終回, あらすじ, 感想, レビュー,

コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
もう最終回から9日以上が経過しましたね。

ラストのポルフィはやっとミーナと再会できましたけど
その後が気になりますね。去年の夏頃に原作の本を見つけて終わりまで読んだ時はアニメも同じ終わり方で行くかと思ったら
アニメはアニメオリジナルの展開と終わり方で幕を閉じたのがなんかあれですが
DVD最終巻でその後のポルフィ達の姿を描くとかがあればいいんですけどね。

次の名作「こんにちはアン」は既に原作本買ったんですが、まだ上巻の途中までしか読んでなくて(汗)
「赤毛のアン」のアニメは過去に地元の再放送でやっていたのを録画して原作本と一緒に見てましたが
「こんにちは」の話はモンゴメリが書いたアンとは違う、アンの誕生からグリーンゲイブルズに来る前のサイドストーリーというべき作品ですがアニメではどのように描くのか期待しています。
2009/01/06(火) 23:30 | URL | あやや #-[ 編集]
こんばんは、今更ですがあけましておめでとうございます。
最終回から大分経ちましたねー。早いものです。

ミーナとの再会のその後、気になりますよね!
果たしてギリシャに帰ったのかな……と。
DVDでその後を追加してくれるんなら、DVD買ってみたいですな。

次回の名作の原作本買われたんですね。
私は多分読まないまま見るんでしょうね。
赤毛のアン、は見たことないのですが、こんにちは、はまた違う話になってくるのですか。
アンには結構期待してたりします、楽しみです。
2009/01/10(土) 00:07 | URL | isamu #halAVcVc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1218-bb23e380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ポルフィの長い旅も、とうとう終着点にやって来ました。クリスマスイブの朝、昨晩あんなに泣いたのが嘘のようにローズとポルフィは朝を迎えました。この若さでローズをあんなに泣かせ...
2008/12/31(水) | 日々の記録
製作が日本アニメーションになってからの「世界名作劇場」第25作、ポル助の旅もいよいよ最終回。 予想通りといいますか、 ミーナと再会したところで終了。 映画館で会うお膳立てをティファニーとローズがする展開。 舞台に近づきながらこれまで出会った人たちの名前を...
2008/12/31(水) | のらりんクロッキー
蓮 愚痴る主人公に空からプレゼントが舞い降りてきてハッピーエンド。 さすがにフォローのしようがありません。 名作劇場の主人公は多かれ少なかれみんな賢いキャラばかりだったのですが、このポル助に限ってはアホの子で、逆にそれが新鮮でもありました。 ..
2008/12/31(水) | バラックあにめ日記
 1年見続けて来たポルフィも、とうとう最終回。ミーナとの再会の時が来たのです。で
2009/01/05(月) | スターライト☆ステージ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。