携帯アプリ「危険なマイ★アイドル」プレイ日記。第四十八回。

ここでは、「携帯アプリ「危険なマイ★アイドル」プレイ日記。第四十八回。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕と貴方は、恋人同士じゃないんですか?
マイ★アイドル。
一ヶ月ぶりくらいの更新です。
ネタバレ含んでいますのでお気をつけくださいね。
相変わらずプレイ速度は亀ですよ。データはやりなおし前のものです。

恋愛七回目(悟)→あくびをしながらカレンダーをチェック。
朝からグラビア撮影ではなかったか?
しかしそれは悟のスケジュール。今は寛貴のプロデューサなのに……。
悟からは携帯に待ち合わせ場所の確認がある。お互い、こういうことを時々してしまう。
寛貴のプロデューサーになって一ヶ月。悟とはほとんど会えていないが、変なミスは減った。
打ち合わせ帰り、ふとしたことで悟のことを考えてしまう。
と、テレビ局の前で悟に出会う。
収録だったから主人公を待っていた悟。新しいプロデューサーには慣れてきた様子。
悟はこれからまた仕事なのだが、主人公を帰したくなってしまうと。
今度またデートを。選択肢→そうしましょ!
しかししばらくは無理かもしれない。
結局何も食べずに帰って来た主人公に、寛貴が何か簡単なものを用意してくれる。
寛貴曰く、新しいプロデューサとはうまくいってるのか?聞いた話なので詳しくは分からず。
悟のことが気になるも……、自分の気持ちが分からない。
ハートこの時点で1.5

恋愛八回目(悟)→寛貴から聞いた話がもし本当だったならば。
輝哉が呼んでいるにも関わらず気づかない主人公。晴人が茶を入れてくれた。
輝哉もまた噂を聞いていた。晴人は、うまくかみ合っているのかと感じることがあると言う。
最近、いつもの悟と何かが違う?心配ならば本人に聞いてみるのも一理。
誰もいない収録スタジオでつい弱音を吐く。すると向かいのスタジオに悟の姿。
収録中のはず、しかもプロデューサーが近くにいない。
呼びかけに顔をあげた悟。選択肢→お腹でも痛いの?
上手く歌えないという悟。おかげで収録は一旦中止。プロデューサーは調整の電話をしている。
その後、主人公のアドバイスにより上手く歌えるようになった。
プロデューサーの意見は絶対ではなく、違うと思うのならば言っていい。
プロデューサーのことを口にすれば、悟から笑顔が消えた。
悟のことを後から問うてきた寛貴。しかし仕方がないかなと思う。
ここからはちゃんと自分のプロデューサーをするように。
ハートこの時点で1.5

恋愛九回目(悟)→悟のプロデューサーとして仕事をしていた時の感覚が離れない。
今は自分の時間があって部屋でくつろげるが、時間があるとつい悟のことを考えてしまう。
別れ際、本当は主人公に言いたいことがあった?
力になりたいが、仕事についての内容だったら口出ししていいのか。
携帯に着信があって、それは悟から。
家の前にいる彼は、あって話したいことがあると言う。
家に上がってもらって、落ち着かせれば、悟から海外デビューの話が来ていることを聞かされる。
どうするかはまだ決めておらず、受けるべきかを相談しに来たという。
主人公の中に渦巻く感情。今、言うべきことは……。選択肢→悟くんはどうしたいの?
答えはもう決まっているんじゃないか。
このことは今のプロデューサーに相談したほうがいい、と言えば、何故元プロデューサーの意見を気にしてはいけないのか?と。
スチル、声を荒げる悟。
どうして今のプロデューサーに相談しないといけないのか?
しないといけないのは分かっているが、将来のことを主人公に考えてほしかった。
もしかして自分が間違っていたのか?と思う主人公。
悟は出て行ってしまい、寛貴は正しいことがいいこととは限らないと言う。
もっとしっかりと、自分と悟に向き合わなければ。
ハートこの時点で1.5

やり直し前は、ハートが全く増えないと言う事態に陥りました。
だからやり直したんですよね。しかしこれは酷い。
早くエイジもやってみたいので、そろそろ毎日やれたらと。
では次回。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アイドル育成, 危険なマイ★アイドル, プレイ日記, 悟新章,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1319-d8b500cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。