アニメ「テガミバチ」 第2話 ぼくの友達

ここでは、「アニメ「テガミバチ」 第2話 ぼくの友達」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テガミバチ 2010 コミックカレンダーテガミバチ 2010 コミックカレンダー
(2009/11/12)
浅田弘幸

商品詳細を見る

君はもうテガミではなく、一人前の男だよ。
テガミバチ」第2話あらすじ感想です。
友達。

あらすじ
ラグはゴーシュにヘッドビーが何であるかを問うた。
ヘッドビーとは、ビーの最高称号者であり、ゴーシュもまだ見たことがないと言う。
キャンベルにはまだ辿り着かない。ゲボまずなスープにラグはもう嫌気が差していた。
食事のために生物を確保しようとするも自分達の手で捕まえることが出来ず、ロダがとってきてくれる。
ゴーシュはラグに誰かに手紙を書いたことがあるかを問う。たった一言でもいい、それでも涙を流す人はいる。
チップ花が降ってくる。山道ももうすぐ終わりだ。
どこにテガミを出せば母親に届くのか。キャンベルに着いたら自分は母親と2度と会うことが出来ない。
アカツキに連れて行ってとラグは言うが、首都通行証の重みはラグには分からないと言われてしまう。
ゴーシュとラグは友達になれないのか?テガミであるラグを傷1つつけず、キャンベルに送り届けることが仕事の全てだ。
ゴーシュが目を覚ました時、ラグとロダの姿がなかった。
彼は銃を持って暴れ、橋を強行突破しようとしていた。通行証がなくてもアカツキまで辿り着く。
鎧虫に遭遇してしまったラグ。危機に陥ったことをゴーシュに助けられる。
心弾を撃つも間接の隙間を撃つことは出来ず、ラグとゴーシュは離されてしまい、ラグが心弾を撃つ。
目が冷めた時、キャンベルへと辿り着いていた。そこは届け先の家だったが、ゴーシュは出て行けとすぐ追い出されてしまう。
他の人間にも歓迎はされていなかった。
ラグが水と食料をもって現れる。配達はもう終了した、ラグはもうテガミではない。
ゴーシュとラグは友達だ。
そしてゴーシュとラグに別れの時が訪れる。
5年の月日が流れた。ラグはテガミバチになり、アカツキへ行くことを決心していた。

感想
感動してしまった。
心にじわじわと染み渡る、実にいい話だったのではないかと思います。涙腺緩んだ……。
ゴーシュとの旅は今回でおしまい。今度再会するのはいつでしょうか。

ゴーシュの記憶を見たラグは、ヘッドビーが何であるかを問います。
ビーの最高称号者であるヘッドビー。運べない手紙はなく、政府の重要な配達以外は首都勤務。
まだお目にかかったことがないようです。どんな人なんでしょうかね。
見たのはそれだけではないラグ。シルベットのことを聞くと、彼女はどうやらラグと同い年らしい。
アリアのことをゴーシュは好きだった?チッスとかおっぱいもみもみにふいたw
嫌なやつほど出世するw……ゴーシュがヘッドビーになれることを私も願いたいです。
キャンベルへはまだ辿り着かず。差し出したゴーシュの手を素直にとるかと思いきや……。
嫌がるロダを無理矢理温泉に入れようとしてるね。ロダが何か可哀想じゃないか。
ゲボまずスープがもう嫌だと言い出したラグ。食料を調達しようとしますが、何か凄い可愛い生物がw
心弾を使わず捕獲しようとするも駄目で、ロダがとってきてくれました。

テガミバチ2

1人離れて寝ようとしたラグを引きとめ、一緒に寝てくれませんか?と言ったゴーシュ。
別にいいけど、と頬を染めたラグが可愛すぎるんですが。
明日にもキャンベルに辿り着けるかもしれない。もうすぐ、ラグとゴーシュに別れがきてしまうのね。
テガミを書いたことがないラグに、いつか書いてみてくださいと言うゴーシュ。
たった一言でも涙を流す人はいる。
チップ花の綿毛が何とも綺麗ですね。山道ももうすぐ終わりとのこと。
どこにテガミを出せば母親に届くのか、と言うラグ。
アカツキに連れて行ってと言うも、アカツキに行けるのは階級ポイントの高い一握りの人間だけ。
通行証がなければ橋を渡ることも出来ない。
首都通行証の重み。ゴーシュはアカツキに勤務できても、シルベットはしばらくユーサリで一人ぼっち。
母親がアカツキにさらわれた理由は気になります、何なんだろう。

ゴーシュとラグは友達にはなれない。ラグをキャンベルに送り届けることが仕事の全て、か。
好きになってくれなくて結構とか、ゴーシュ中々にきついな……。
目覚めた時、ゴーシュとロダがいない。銃持ち出して彼から離れてしまってますが、大丈夫か?
足の下が沈んで、現れたのは鎧虫。……CGじゃなかったらよかったのに。
ラグやべぇと思ったけど、ゴーシュ来てくれました。しかし彼に傷が。
ああ、ロダが上で支えてくれてるのね。

テガミバチ2

次を撃つまでに少し時間がかかるその鎧虫。心弾を撃つも、倒せず。
位置が悪く、間接の隙間を狙えません。
ゴーシュは、下あごの槍を放って来た時に飛び込むことを決意。
何があってもキャンベルに届けるとか、ゴーシュ格好よすぎる。
心弾装填。ラグの片目は精霊琥珀の義眼。普通の目じゃなかったんですね。
銃の力が上がっていたのは、ラグの目に共鳴していたから。
なんということ、ゴーシュとラグが離されてしまいました。
言葉に従い銃を撃ったラグ。赤針ですね。鎧虫は無事倒せたようでよかったよ。

ラグの母親とシルベットの映像。
倒した後、ラグはゴーシュを抱えてキャンベルへの道を……。ラグはよく泣いてるね。
ゴーシュの横顔が美しいと思いました。見惚れる。
目覚めたゴーシュ、ラグは彼の手を握ったままお休みに。
背負ったままキャンベルまで来たラグ、頑張ったな。届け先であると分かった途端、ハンコかサインを。って、まず言うことがあるだろうに……。
1人追い出されてしまったゴーシュ。他の人にも歓迎されてないですね、冷たい。
ラグが水と食料を持ってきてくれました。違法な港で、告げ口されているのを恐れているから、役人であるゴーシュにこんなにも冷たいというわけね。

テガミバチ2

あの方なら友達を大切にしてくれるでしょう。ん、今友達って……。
もう配達は終わった。ともに助け合い、危険な旅を終えた。
ラグはもうテガミじゃないので、ゴーシュとラグ、ロダは友達に。やばい、ここら辺やばい。
目のことは心から信頼できる人にだけ打ち明けなさい、と言われていたラグはゴーシュに打ち明けました。
そしてゴーシュとの別れ。いつか彼のようなテガミバチになりたいとの叫びが。
さすがにここで5年後になるとは思わなかった。テガミバチを目指すラグ、本当の物語はここからですね。
次回、新キャラ登場ですね。楽しみです。

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください。そうしないと飛ばない仕様となっています(だだ通しだとスパムが来るもので……)

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, テガミバチ, 2話, あらすじ, 感想, レビュー, ぼくの友達,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1653-7614820c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ゴーシュがラグを送り届けようとする旅は続いています。共に旅をしてきた2人でしたが、ラグがゴーシュについて首都に行きたがったのをゴーシュがこばんだために、2人の間は険悪にな...
2009/10/11(日) | 日々の記録
テガミバチ 第2話「ぼくの友達」ゴーシュの心を垣間見たラグは、ゴーシュが首都で働くBEEの中でもただひとり選ばれた最高称号者、ヘッド・ビーになる夢を持っていること、そしてその夢に一歩近づき、間もなく首都勤務になる予定であることを知る。旅も終盤に近づき、...
2009/10/11(日) | SOLILOQUY
   第二話「ぼくの友達」ゴーシュの心を垣間見たラグは、ゴーシュが首都で働くBEEの中でもただひとり選ばれた最高称号者、ヘッド・ビーになる夢を持っていること、そしてその夢に一歩近づき、間もなく首都勤務になる予定であることを知る。旅も終盤に近づき、翌日に...
2009/10/11(日) | 日々“是”精進!
 テガミバチ  第02話 『ぼくの友達』 感想  次のページへ
2009/10/11(日) | 荒野の出来事
ふと和月先生のGUN BLAZE WESTを思い出しました
2009/10/11(日) | はじまりの峡谷
おっぱいモミモミはした?( ゚∀゚)アハハ八八ノヽ  ぶっちゃけ子供がこんなん聞いてきたらどつきたい気持ちでイッパイになりそうwゴ...
2009/10/11(日) | 欲望の赴くままに…。
 ラグとゴーシュの旅も終わりです。ラグの方が主人公だったのですね。全然気付きませんでした。
2009/10/11(日) | つれづれ
第2話「ぼくの友達」前回鎧虫を大量に倒して憔悴しきっていたゴーシュが心配でしたが、一応大丈夫のようですね。
2009/10/11(日) | ウサウサ日記
「命をかけて、君をキャンベルへ届けます」 それがテガミバチの仕事――。
2009/10/11(日) | ティンカーベルをください
プロローグも終わり、次回からいよいよ「テガミバチ」のストーリーが本格的に始動? でも正直気持ちが盛りあがらないんですよね。独自性をあまり感じず面白味が無い。特別変わったことをしているわけでもないし。見ていて何も思う所がないんですよね。
2009/10/11(日) | よう来なさった!
テガミバチ 3 (ジャンプコミックス)(2008/02/04)浅田 弘幸商品詳細を見る 前回にて、心弾を撃ちつくしたゴーシュ。心を使い果たし死んだものかと心...
2009/10/11(日) | 破滅の闇日記
ヘッド・ビーが何かを、ゴーシュに訊ねるラグ。
2009/10/11(日) | アニメ雑記帳
テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)クチコミを見る ゴーシュの心を垣間見たラグは、ゴーシュが首都で働くBEEの中でもただひとり選ばれた最高称号者、ヘッド・ビーになる夢を持っていること、そしてその夢に一歩近づき、間もなく首都勤務になる予定であることを知る。 ...
2009/10/11(日) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
そしてこういう展開になってくるのね。 テガミバチ 第2話「ぼくの友達」の感想です。 評価…★★★★★☆☆☆☆☆
2009/10/11(日) | 巨人☆アニメ.jp
テレビ版の 『テガミバチ』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 許可証の有無 (1...
2009/10/11(日) | ビヨビヨ日記帳2
今週もおもしろかったです!「テガミバチ」 時間的には他のアニメに比べると短めなんですが きっちりとした内容ですごくおもしろいです...
2009/10/11(日) | *桜日和のお茶会*
旅の終わり、そしてテガミからトモダチへ…。 毎度の事ながら沢城さんの演技には脱帽です。 そこに福山さんまで加わっては…心に残るテガミバチ第2話でした。 まずはゴーシュが生きてて何より!予告で出て来てたから大丈夫なのは 分かっちゃいたけど…不安だったんです
2009/10/11(日) | 風庫~カゼクラ~
「一人前の男になった日」
2009/10/11(日) | マリアの憂鬱
僕たちは・・・友達にはなれないって事?
2009/10/11(日) | Ηаpу☆Μаtё
アニメ テガミバチ 第2話 「ぼくの友達」 『テガミバチ』ドラマCD(2009/02/16)浅田弘幸商品詳細を見る  君はもう、テガミではなく、一人前の男...
2009/10/11(日) | アニメ・コミックだーいすき♪
テガミに懸ける心。
2009/10/11(日) | ミナモノカガミ
ぼくの友達・・・、 ぼくは、あなたのような人になりたい。
2009/10/11(日) | アニメ好きのケロポ
君はもう手紙ではなく、一人前の男なんだ――。 ゴーシュの記憶を見て、彼が首都勤務予定だと知ったラグ。 母の連れ去られた首都に連れて行...
2009/10/11(日) | SERA@らくblog 3.0
海賊王ヘッド・ビーに俺はなる。 というネタは置いといて…今回は割とガチな感想です。 テガミバチ 8 (ジャンプコミックス)(2009/10/02)浅田...
2009/10/11(日) | せーにんの冒険記
このシーンが微笑ましくて好き。 一話の感想は書かなかったけど、一応観てた『テガミバチ』 今日は時間があるので2話の感想~ 見るか...
2009/10/12(月) | リリカル☆スアラ
♯2 “嫌な奴”ほど出世するってねあれ・・・・先週の出来事がスルーされているような・・いないような・・・。なんだ、ゴーシュお前全然元気じゃねーかwですからですから確かに。ラグは「手紙」だからね。無事に届けにゃならんものさ。。。 ゴーシュだって大変だよ。...
2009/10/12(月) | 烏飛兎走
ゴーシュとの別れ、なぜラグがテガミバチになりたいと思ったか。 という所までですなー。 いやぁ、不覚にもちょっと涙ぐんでしまいました。 途中で、口の悪かったラグが、少しずつ丁寧に話しだしたり、 ゴーシュを背負い歩き出す所や、ゴーシュとの別れのシーンで 「友達...
2009/10/12(月) | ふしぎなことだま
「studioピエロの本気」「ピエロはやれば出来る子」(主に作画について)と、1話目から言われている「テガミバチ」 さて2話目で早くも崩壊!?となっていないかどうか気になっていましたが、どうやら杞憂のようでした(苦笑)
2009/10/13(火) | 見ていて悪いか!
もうすぐキャンベルの街に着く。そうしたら君はもうテガミではなく・・・「ぼくの友達」あらすじは公式からです。ゴーシュの心を垣間見たラグは、ゴーシュが首都で働くBEEの中でもただひとり選ばれた最高称号者、ヘッド・ビーになる夢を持っていること、そしてその夢に...
2009/10/13(火) | おぼろ二次元日記
今週もゲボマズスープを飲みます! 今回も静かな話ですね~(*´∀`) 盛り上がらないというか地味というかw みゆきちさんの演技は毎回いいで...
2009/10/18(日) | 空色きゃんでぃ
ヘッドビーのことや、妹のシルベットや、彼女のアリアのことをきく。「ねえ、キスは!おっぱいもみもみは?」と訪ねる。そして、その夜、もうすぐキャンベルに到着することをいう。ラグは、自分を母が連れて行かれた暁に連れて行って欲しいというが、ゴーシュは、通行書が...
2009/12/04(金) | ぺろぺろキャンディー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。