アニメ「こんにちは アン ~Before Green Gables」 第28話 ひとりきりの授業

ここでは、「アニメ「こんにちは アン ~Before Green Gables」 第28話 ひとりきりの授業」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちはアン〈下〉 (新潮文庫)こんにちはアン〈下〉 (新潮文庫)
(2008/06/30)
バッジ ウィルソン

商品詳細を見る

3年間でたった一度の、今日の授業を
こんにちは アン ~Before Green Gables」第28話のあらすじと感想です。
忘れない日。

(あらすじ)
アンがハモンド家に来てから三ヶ月がたった。
毎日黙って働き続ける彼女の心は未だに閉ざされたままだ。
アンは9歳になっていた。しかしシャーロットは、役場から人が訪ねて来てもアンを学校に通わせようとはしない。
新しい友達となったやまびこのヴィオレッタのところにやってくると、自分の気持ちを打ち明けた。
地下室で幽霊が本を食べているということは、地下室に本があるのかもしれない。
そこへ辿り着いたアンは、そこで沢山の本を発見した。
10才になったある夏の日。誰も熱を出さず、誰もおねしょをせず、シャーロットの体調も良い。
そういうことでアンはようやく学校に通えることになった。
期待と不安を抱えたアンが学校に辿り着くと、教室には1人の教師がいたが生徒の姿はない。
その日から学校は夏休みを迎えていて、アンは激しく落胆する。
押し黙っていた反動で、アンはマクドゥガル先生を相手に話し始める。彼はアンの話を聞いてくれ。授業もしてくれたのだった。
授業は終わる。今のアンは満ち足りていた。

感想
アンのおしゃべりが沢山聞けてよかったです。
心を閉ざしてしまったアンが用事以外喋らなくなってしまったので残念だったのですがね。
学校に行って、そして先生と会えてよかったですよ。

時間が飛んで、アンがハモンド家に来てか三ヶ月経過。
……アンの心がこの家の人達に対して開かれることってあるのだろうか。
幽霊が本を食べている、と言う子供の会話。
アンはただのこもりで自分のこどもじゃない、と言うシャーロットは、アンを学校にいかせるように、と役場の人が来ても追いかえしてしまう。
毎日山のような仕事に追われるアンを行かせられるわけがないですもんね。
やまびこのヴィオレッタに自分の気持ちを打ち明けるアン、話せる相手がいないってのが切ない。
ヴィオレッタに話をしていた時、思い出したあの言葉。皆が寝静まり、アンがこっそり向かったのは地下室。
そこには沢山の本が。読書はアンにとってたった一つの喜びに。切ないが、喜びが出来てよかったと思うよ。
誰も熱を出さず、シーツの洗濯もなく、シャーロットの調子も良いので学校へ行くことに。
もう10歳の夏の日ですよ、やっとで学校に行けるんですね、よかった。
アンが待ち望んだこの日。その教室には教師がただ1人いるだけ。
生徒には学習意欲がないとしかおもえず、彼は教師を辞めようと……。
そこへやって来たアン。しかし学校はその日から夏休みに突入したとか。ああなんてこったい。
アンの事情を知った教師。次来る時は1年後って、先すぎる。
先生が地理の授業をしてくれることになりました。アンがめっちゃ喋ってます、今まで殆ど喋ってなかったもんね。
先生はアンの話を黙って聞いてくれます。
僕でよかったら好きなだけおしゃべりしていいとか、いい先生じゃないかこの人。
プリンス・エドワード島にいたころのことをどうして忘れていたのか、と言う先生。
彼はその島で生まれ、少年時代を過ごしていたそう。
その島で教師になろうと思った自分。世界一美しい島、いいねぇ……ちょっと行ってみたい。
帰り、先生は教室でまた会おうと言ってくれました。また会えるんでしょうかね?
アンが教えてくれた、人間は素晴らしいと言うこと。
明日からまた山のような仕事が待っているアン。しかし彼女の心は満ち足りていた。
ということでちょっと希望が見えたかな。と言うお話でしたね。
次回も鬱っぽい感じではないですね。

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください。そうしないと飛ばない仕様となっています(だだ通しだとスパムが来るもので……)

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, こんにちは, アン, ~BeforeGreenGables, 28話, 感想, レビュー, ひとりきりの授業,

コメント
この記事へのコメント
3クール目の27話以降トーマス家からハモンド家に移ったアンですが
トーマス家のジョアンナ達と違ってシャーロット達は悪い人達ではないけど8人の幼い子供たちの世話で精神的に追い詰められてるからアンに良くしてられる余裕はないんじゃないかと思いますが
今回のアンとマクドゥガル先生の会話は良かったと思いますよ。
先生は生徒の不甲斐なさに呆れてやめてやると言った所でアンと初めて会い、アンの事情を知る先生。
そのあと自分の故郷であるプリンスエドワード島の地図と写真をアンに見せてあげたシーンはアンが「赤毛のアン」の1話でプリンスエドワード島へと行く繋がりを暗示してたのが
「赤毛のアン」自体見てなかったですね。すみません(^^;
「赤毛のアン」全50話はアンを引き取るカスバート兄妹や周囲の人達やアンが11歳から16歳までの心の成長を描いてますから、今の「こんにちは」の話が全部終わってからの方がオススメかもしれませんね。
次回はシャーロットの出産を助けてくれたハガティさんとアンの交流みたいな感じみたいですが、果たして?
2009/10/14(水) 19:12 | URL | あやや #-[ 編集]
こんばんは。
今回のアンとマクドゥガル先生の会話は良かったですね。
個人的には心に何かクるものがありました。
アンは「赤毛のアン」の1話でプリンスエドワード島へと行くんですね、地図と写真が暗示だったとは……。
こんにちはアンが終わったら、赤毛のアンも見てみるべきなんでしょうね。
時間が取れるかな?という感じではありますが……。
2009/10/18(日) 22:21 | URL | isamu #halAVcVc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1656-399b79c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
すでに3カ月が経過… 役人がハモンド家にやってきた。 アンを学校に行かせなければならないと告げに来たのだった。 議会での決定なので、誰...
2009/10/13(火) | こじこ脳内
こんにちは アン ~Before Green Gables~ 第28話 「ひとりきりの授業」 アンはハモンド家に来てから3ヶ月たった。 9歳のアンは学校へ行かなければならないのですが 子守りや家事で多忙なアンを行かせることが出来ないので 奥さんは役所の人を追い返す。 あ
2009/10/14(水) | 天青石 ~Celestine~
光がさしてきた…かな? 時間軸飛ぶなあ。 ハモンド家に来てから3ヶ月が経過。 状況は相変わらず。 議会でも決まったのでアンを学校へと役所の人が。 …なるほど、そういう流れか。 しかし、現実は学校に行くなんて夢のまた夢。 「子供たちが全員おねしょに病...
2009/10/14(水) | のらりんクロッキー
アンがハモンド家にやって来て3ヶ月が経過していました。相変わらずアンは、大勢の子供たちの世話で目の回るような忙しい毎日を送っていました。そんな時、役人がアンを学校に通わせ...
2009/10/21(水) | 日々の記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。