BLCD「スローリズム」視聴感想。

ここでは、「BLCD「スローリズム」視聴感想。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スローリズムスローリズム
(2009/10/22)
イメージ・アルバム野島健児

商品詳細を見る

お前だって全部、僕のものだ。

BLCD感想第15弾です。
前野×野島健(敬称略)です。この組み合わせは初めて、かな?
原作未読。注文したので届いたら読む予定です。
以下、簡単なあらすじと感想です。

(あらすじ)
水森にとって毎週二回電話をかけてくる矢萩は、一番身近に感じられる友人だった。
その矢萩に水森は高校の頃、ゲイであることの告白と共に「安心しろよ。おまえだけは絶対好きにならないから」と言われていた。
それから12年。その言葉どおり、水森と矢萩はずっと友達でいる。
しかし水森は矢萩に対して、友情とは違う気持ちが生まれていることに気づいて――。

感想
とにかくじれったい、そんな一枚。
本当は別作品(雪よ林檎の香のごとく)を買う予定だったのですが、気がついたらこっちになっていたという。
けどこれを買ってよかったかな、と思わせてくれる……良作でございました。
矢萩は水森が好きで、水森も友情とは違う気持ちに気づくのに、くっつくのは最後のほう。
水森、ノジケンは普通にいい。前野さん、最近よく聞く機会がありますが相変わらずよいお声。
エロのところとか格好よすぎてやばいぞ。
安元さんはエロい声が聞けるか?と思ったんですが、脇だからか結構普通な感じでしたね……。
個人的には寺島さんの声がもう少し聞きたかったかなと思いました。
いや、十分な台詞量なんですが……ね。
水森と矢萩がくっつくまでのじれじれしたお話なので、とにかくエロが聞きたいぜって方には物足りないかな。
でもそうじゃない方には丁度いい感じだと思います。
最終トラックまでくっつかず、互いが気持ちを打ち明けた時は何だか凄く嬉しかったなぁ。
お前だけは絶対に好きにならない、その言葉の本当の意味は……。
特に何か起こるわけでもない、淡々と日々がすぎていくそんな物語ですが、こういうのもいいものです。
じれったいものが大好きな人にはオススメできる一枚です。
後ノジケンの声が沢山聞けます。モノローグが彼なので、好きな方にはたまりませんな(私)。

キャストコメントとフリートーク。
俺に恋しとけ、という野島さんの台詞に撃沈しました。もう十分好きです。
そしてなんか可愛いです、どうしたもんか……このお方。
後安元さんが面白すぎるのです。

次回は何をするか、と考えて、俎上の鯉は二度跳ねるが気になったんですけども……。
前作知らないのでどうしたもんか。ということでこれをするかもしれないし、別をするかもしれないしで未定です。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : BL, ドラマCD, スローリズム, 杉原理生, 前野智昭, 野島健児, 感想,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1679-e78237b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。