アニメ「こばと。」 第13話 「…天使と守り人。」

ここでは、「アニメ「こばと。」 第13話 「…天使と守り人。」 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こばと。限定版 第3巻 [DVD]こばと。限定版 第3巻 [DVD]
(2010/03/26)
花澤香菜稲田徹

商品詳細を見る

イチョウさんは幸せだったのでしょうか?
こばと。」第13話あらすじ感想です。
寿命。

あらすじ
秋、いおりょぎと散歩をしていた小鳩は、路中で立派なイチョウの木を見つけた。
その後保育園へと向かうと、俊彦と譲が積み木のことで喧嘩をしてしまっていた。
大切にしないならもう使わせない、と藤本は言うが、俊彦と譲のその後の発言に、彼は黙って出て行ってしまう。
藤本が悲しそうな顔をしていたのに気づくことが出来なかったのだと小鳩は清花に話す。
積み木の取り合いでケンカをしてしまった俊彦くんと譲、他の園児達を連れて、小鳩はあの立派なイチョウの木のところへ向かう。
きれいに色付いたイチョウの落ち葉を使い、お絵かきをする。
皆一生懸命落ち葉を拾っていたのだが、このイチョウの木が切られてしまうことを知る。
イチョウの木を切ってもらわないようにとお願いしに行くのだと朝出て行った小鳩は、木の前で琥珀と出会う。
小鳩は、イチョウの木が寂しいのではないと感じていた。誰もイチョウの木のことを心配しないからだ。
しかし琥珀はイチョウの木が寂しくないと言っていると告げた。何となく、彼女には木が何を言っているか分かった。
切らないでもらうことをその木は望んでいないようだ。
小鳩は引越しをさせようと掘り始めるが、その手を琥珀が止め、藤の木の話をする。
木の下で、小鳩と琥珀は歌う。そしてその後、木は折れてしまった。
その中は空洞で、遅かれ早かれ枯れる運命だったと知る。ビンの中には新たなコンペイトウがあった。
それはイチョウの木のものなのかもしれない。
藤本はイチョウの木の枝を使って、積み木を作った。

感想
小鳩が帽子を被っていることに、何か意味はあるのでしょうか?
そういえばずっと帽子を被ったままですよね……。今まで気にしなかったのですが。
何か秘密があるとして、それは明かされたりするのでしょうか。

季節も秋。イチョウの葉を拾った小鳩は、秋の匂いがすると発言。それは懐かしい気持ちになる匂い。
小鳩が見つけた、随分と立派なイチョウの木。これは確かにすごい……。
なんだか元気のないいおりょぎに問いかけた小鳩は、いおりょぎにイチョウの葉を見せられ、どういうことか分かるか?と。
返ってきた答えはおめかしして風のダンスと言うなんともファンタジーな答えでしたw
願いを忘れてはおらず、言うことが出来たのでいおりょぎさんの火からは逃れることが出来ましたね。

こばと13

コンペイトウを集めるタイムリミット、残る季節は後2つ。ビンには半分ほどコンペイトウがたまっていました、いつの間にそんなに集めた。
行きたい場所ってどこなんだろうな、気になるわ。
そこで風が吹いて、いおりょぎが帽子が脱げるだろうが!と発言。ここで初めて、小鳩がずっと帽子を被っているのには意味が?と疑問に思いましたよ。

保育園へやって来たら、俊彦と譲がなにやら喧嘩を。積み木の取りあいっこで喧嘩になったようです。
大切に使わないならば積み木を使わせない、と藤本は言うのですが、譲はつまんないおもちゃばかりだから別にいいと。
そして俊彦はこんなの捨ててしまえばいい、と……。なんと悲しい発言。
聞いた藤本は小鳩に止められ、何かを言うことなく黙って出て行ってしまいました。
どうやらバイトに出かけた藤本が行ってきますもなしで、清花先生は何かあったのかと気にしているらしい。
何があったのかを話した小鳩。藤本は悲しい顔をしていたが、自分は気がつかなかった。
おもちゃ、と聞いて小鳩はどうやら何かを思いついたようで……。

そして辿り着いたのは、小鳩が見かけたあのイチョウの木でした。
きれいに色付いたイチョウの落ち葉を使い、お絵かきをするため、皆一生懸命落ち葉拾い。
その中で、俊彦と譲も仲直りが出来たようでよかったですね。
まるで光が燃えているような。何だか穏やかな気持ちになれる……と、そこへトラックが。
どうやら明日、このイチョウの木は切られてしまうらしい。近隣住民から苦情があり、再開発工事もある。
イチョウの木が切られてしまうことは避けられないのか……?

こばと13

落ち込んでしまった小鳩がどうするかと思いきや、イチョウの木を切らないでもらえるようにお願いをしにいくようです。
その声を聞いた藤本が目覚め……眼鏡かけていない藤本もいい!
イチョウの木のところへ向かうと、そこには先客がいました。お、琥珀だ。
通りかかった人々は、仕方ないとか再開発なんていい話しだとか、こんだけ大きいと気味悪いとか……。
小鳩はイチョウが寂しいのではないかと感じたよう。ずっとこの街を見てきたのに、誰も心配をしない。
しかし琥珀にはイチョウの木が何を言っているか分かるのね。寂しいとは思っていないようです。
昨日は楽しかったと喜び、ありがとう、そしてさよならを。

切られないことは望んでいないイチョウの木。小鳩は引越しさせようと、必死で掘り出すも、琥珀にそれを止められ。
同じくらい生きた藤の木の話をする琥珀。藤の木も、イチョウの木と同じことを言っていた。
琥珀と一緒に触れれば、イチョウの歌が聞こえてきた。

こばと13

木に触れながら、小鳩の歌が響き渡ります。琥珀のハモリがまたいいですね。
舞うイチョウの葉がまた綺麗ですね、本当美しい。
歌い終わると、なんだかイチョウの木から嫌な音が聞こえてきましたよ。
そこへ偶然通りかかった藤本が小鳩を引っ張ってくれました、格好いい……!
見事に折れてしまったイチョウの木はもう寿命だったようで、遅かれ早かれ枯れる運命にあった。
もう少し、もう少しと頑張っていたイチョウの木は、きっと幸せだった……。
コンペイトウが1つ増えていました。それはイチョウの木のものかもしれない。……きっとそうだろうね。

保育園の教室には、イチョウの木を使った絵が飾られており。
そして藤本はイチョウの枝を貰って積み木作り。なんでこの人こんなに格好いいの。
最後の、イチョウ藤本星人って一体w
素敵なお話でしたね、イチョウの木が最期に小鳩の歌を聞いて、幸せに逝けてよかったですよ。

(C)2009 CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください。そうしないと飛ばない仕様となっています(だだ通しだとスパムが来るもので……)

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, こばと。, 13話, あらすじ, 感想, 「…天使と守り人。」, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1791-62e7c83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「ありがとうって言っています。それからさようなら」 見守ること。 小鳩の願いを叶えるためのコンペイトウ集め。 半分近くは集まっている...
2010/01/12(火) | ジャスタウェイの日記☆
最後に、こばと琥珀の歌と出会えて良かったですね
2010/01/12(火) | *記憶のかけら
こばと。の第13話を見ました。第13話 …天使と守り人。いおりょぎと散歩中、小鳩は、立派なイチョウの木を見つける。「大事にしないならこれはもう使わせない」積み木の取り合いでケンカをしてしまったよもぎ保育園の園児達を連れていき、きれいに色づいた落ち葉を拾って...
2010/01/12(火) | MAGI☆の日記
【…天使と守り人。】 こばと。 (4) (角川コミックス・エース 45-18)著者:CLAMP販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)発売日:2009-12-26おすすめ度:クチコミを見る 笑顔です!笑顔~♪ 
2010/01/12(火) | 桜詩~SAKURAUTA~
コンペイトウもあまり集まらないまま季節は秋へ! 期限まであと季節は2つだけ…。 でも、こばとはイチョウの紅葉にファンタジーな感想を(...
2010/01/12(火) | SERA@らくblog 3.0
秋の匂い-------------。イチョウの葉を拾い、そう感じた小鳩。懐かしいその感じに誘われ、街中で見つけた大きなイチョウの木。金色に輝くその大きな木を前に驚きを隠せない小鳩といおりょぎだった・・・。でも・・・そう、季節はもう秋なのだ。それはつまり、こんぺいと...
2010/01/12(火) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
「最期の時に、よっぽど嬉しかったんだろ」 コ・・・コンペイトウがいつの間にか1/3くらい集まってる・・・!? 確かに季節は秋になり...
2010/01/12(火) | Free Time.
こばと。限定版 第3巻 [DVD](2010/03/26)花澤香菜稲田徹商品詳細を見る 季節は秋になりました。思ったよりも金平糖は溜まったようですが、秋と冬で...
2010/01/12(火) | 破滅の闇日記
倒れる気配は微塵も感じさせないどっしり構えた立派な銀杏の木。まさかまさか、さんざんネタにされている小鳩の歌声のせいかと少し思ってしまったけどw その銀杏の木がいきなり倒れたのでちょっと驚きました。
2010/01/12(火) | よう来なさった!
 大イチョウのお話。イチョウが伐られると心を痛める小鳩がよかったですね。
2010/01/12(火) | つれづれ
さみしさ漂う季節へ―
2010/01/12(火) | wendyの旅路
そういやずっと帽子かぶっていたね
2010/01/13(水) | 自由で気ままに
こばと。 第13話 「・・・天使と守り人。」 評価: ── 凄いわね、光が燃えてる見たい 脚本 横手美智子 絵コ...
2010/01/13(水) | いーじすの前途洋洋。
 天界一の歌い手の琥珀と、それに匹敵する小鳩の夢のハーモニーが実現!  いつの間にかコンペイトウが増えていた!!  保育園へ向かう途中にキレイに色付いた見事な銀杏の木を見つけました。 園でチョットしたケンカをした園児たちを連れて銀杏の木に連れて行き、...
2010/01/13(水) | たらればブログ
 こばと。  第13話 『…天使と守り人。』 感想  次のページへ
2010/01/13(水) | 荒野の出来事
季節は秋を迎えていました。小鳩は、街の中に大きな銀杏の木があるのを見つけました。小鳩がコンペイトウを集め始めて、もう季節が2つ過ぎていました。全然たまってないかと思ったコ...
2010/01/13(水) | 日々の記録
癒すのは銀杏でもいいんだ? 人以外でもアリとは・・・・・。 コンペイトウ、ビン半
2010/01/13(水) | アニメ-スキ日記
   第十三話「・・・天使と守り人。」秋のにおいを感じながら、いおりょぎとお散歩をしていた小鳩は、路中で立派なイチョウの木を見つけた。さっそく小鳩は、積み木の取り合いでケンカをしてしまった、俊彦くん達を連れて、きれいに色付いたイチョウの落ち葉を使い、お...
2010/01/13(水) | 日々“是”精進!
こばと。 13話秋ですよー。秋の匂いです。久々のこばと。秋服になっておりました。そろそろ話がめんどーになってきたような・・・とか考えてたら2週もたってた。しかし、あれほどたまんねぇだろう、その瓶・・とか思ってたけど2週見ないうちに結構たまるもんなのね;...
2010/01/13(水) | 烏飛兎走
第13話「…天使と守り人。」やっと季節が秋に変わりました。今回は立派なイチョウの木のお話。
2010/01/13(水) | ウサウサ日記
秋のにおいはケムっぽいです! そして、スッとしてキュッとして、懐かしくなるニオイ。 どんなニオイだろうw 小鳩のコンペイトウ集め...
2010/01/13(水) | 空色きゃんでぃ
秋が来て、小鳩に残された季節はあと2つ。
2010/01/13(水) | アニメ雑記帳
マジックナンバー坂本真綾 by G-Tools やっぱ木の絡む話っていいよね^^ -公式サイト- TVアニメ「こばと。」公式サイト -あらすじ- ち...
2010/01/13(水) | 24/10次元に在るブログ
秋になってこばとちゃんのお洋服もイチョウと同じ色に。 春、夏と2つ季節が過ぎてっちゃったんですね。 願いを叶えるために残された時間はあと半分。 コンペイトウは…意外に集まってましたね。 こちらも半分ぐらい? おっきなイチョウの木を見つけたこばとちゃん
2010/01/13(水) | のらりんクロッキー
譲君と俊彦君が、積み木の取り合いでけんかに、おもちゃは、中古品で、 新しいものが買えないのが、園の経営難をものがったるとこ、それが園児たちにも、 影響を受けてるようで いつでも、前向きな?こばとは園児たちを、大きなイチョウの樹の下に連れて行く ...
2010/01/13(水) | 空の下屋根の中別館
今週も「こばと。」始まりました。 今回は古いものと新しいものというテーマでしたが 普通におもしろく、流石NHKクオリティだと思いまし...
2010/01/13(水) | *桜日和のお茶会*
秋到来。 とことで、立派なイチョウの木に見とれる小鳩といおりょぎさん。
2010/01/13(水) | 本隆侍照久の館
 空き地にそびえ立つ銀杏の木の大きさに感嘆する小鳩。その木が再開発のためなくなってしまうことを知る!? 本文はメインブログ(しる...
2010/01/14(木) | しるばにあの日誌(新館)
こばと。第13話感想です。 秋の日の奇跡
2010/01/14(木) | 紅蓮の煌き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。