BLCD「忘れないでいてくれ」視聴感想。

ここでは、「BLCD「忘れないでいてくれ」視聴感想。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れないでいてくれ (リンクスロマンス)忘れないでいてくれ (リンクスロマンス)
(2009/09)
夜光 花

商品詳細を見る

久しぶりのセックスが男、ってのがひっかかるけど…まぁいいよ。
BLCD感想第19弾です。BLCDを聞くのは今年1月以来です(リスタート買ったのに……)。
体調も余裕も戻ってきたのでまた続けられるかな?
安元×遊佐(敬称略)になります。 安元さんがメインで来るのを聞いたのははじめてかも。
原作は未読。以下、簡単なあらすじと感想です。

守屋清涼。他人の記憶を覗き、消す能力を持つ彼はその能力を活かして生計を立てている。
依頼を受け、女性のある記憶を消した清涼のもとに、ある日秦野という刑事が突然現れた。
清涼は重要な事件を目撃した女性の記憶を消したと詰られる。
後日、秦野が今度は一色という男に何をした、と清涼を詰ってきた。
その仕返しに秦野の記憶を覗き、彼のトラウマを指摘すると激昂した秦野に無理矢理蹂躙されてしまう。

感想
遊佐さん好きには特にオススメできる作品だと思います。
本編だけでなく予約特典フリートークCDまでとにかく遊佐さんが喋りまくってます。
お疲れ様は遊佐さんのために、ってのは本当だと思います。
超能力もの、というものは初めて聞きました。
サスペンスな本作、途中まで聞いていてこれ長いなーと思いましたが、段々とのめりこんでいき、終わった後は非常に満足した気分になりました。
物語の締め方が個人的に凄く大好きです。好きだよにやられました。
清涼の他人の記憶を覗いて、消す能力と聞いてなんとなく10-4を思い出しました(こっちは思考ですが)。
最初秦野が出てきた時、彼は堅物っぽいなぁと思ったら急激にへたれて何とも可愛いことにw
なんつーかオトメだなぁ……と。清涼は間違いなくツンデレ。こっちも可愛いです。
個人的に塚本が好きでした、後北野君w塚本主役で何かCDとか出ればいいのに……と。

これは最後の最後できっとラブラブになるんだぜ……と思っていたらそうでもなかったと言う。
なんか最初のほうから結構ラブ……でしたね。ラブシーンは5回ほどだったと思う。
多めだったので久しぶりにBLCDを聞いた自分にはちょっと刺激が強かったかな。
ラブの度に清涼の心情が変化していましたね。どれも必要なラブでした。遊佐さんの喘ぎはいいですね本当。
最初のほうにあった強姦場面、刑事が強姦してしまうのか……いいのかと思ってしまった(よくはないよね)。
そしてその相手に薔薇とケーキを後日秦野が持ってきますが……えーと言う感じでしたね……。
実際は引くのでしょうが、まあ何か秦野が可愛かったのでいいか……と言う気持ちにさせられました。
脇役で松本さんが出てたのが個人的におお!と思いました。彼の演技もまたすばらしかったなぁ。

特典のフリートーク、も面白かったです。やたら阿部Pのことが出てきましたねw
そしてT海さんよ、痛風には気をつけて……!
最初、安元さんが役名ではたのわたると言っていても一瞬それが間違いであることに気づかなかったw
あんまりにもさらりと……w攻と同じ苗字のはたの。ネタにもされるか……。
2枚組なのでお値段はちょっとお高め。が、買って後悔するような作品ではないかと。
原作よりややリリカルな出来になってるらしい、と他の記事で見かけて原作みたいと思ったものの、最近まともに本読んでないので、買っても積んで終わりそうだ……。

次回……は鳩村衣杏先生のアダルト・エデュケーション~紳士調教~です(調教……)。
腰乃先生の隣のでもいいと思ったがムービックの通販特典在庫が切れておりました……。
大魔王の影響か今非常に近藤さんのが聞きたいんですよね。ということで次回。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : BL, ドラマCD, 忘れないでいてくれ, 夜光花, 安元洋貴, 遊佐浩二, 感想,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1964-a7cf33d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。