アニメ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」 第12話

ここでは、「アニメ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」 第12話」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GIANT KILLING(5) (モーニングKC)GIANT KILLING(5) (モーニングKC)
(2008/04/23)
ツジトモ

商品詳細を見る

隙があったらつくしかないでしょ。
GIANT KILLING」第12話の(あらすじ省略)感想です。
頼りすぎる部分。

感想
ETU、遂に先制点を……!
やってくれましたね、ゴールした瞬間鳥肌が……。
前回も今回も椿が大活躍ですね、そして次回も活躍しそう。

試合途中、ゼウベルトに話しかけてきたカルロスは、自分があまり試合を楽しめてないと告白。
実はこの試合中、カルロスからゼウベルトに1本もパスが通っておらず……。
必ず10番か7番に邪魔をされる、ということでカルロスはもう少しゼウベルトの近くでプレーをすると。
つまりはあがってくるということ……。
なんだかんだで怖い名古屋のブラジル3人組の中で、達海が一番怖いと思っているのはカルロス。
試合を見ている藤澤さんが見ているハーフタイムコメント。達海の字が何か可愛いんですけどもw
どのみちこのままでは勝てない。
藤澤さんはこの時間帯に入ったらいっそ引き分けとか言ってますが、サッカー界を面白くする、とか言った人が引き分けで終わらせるとは思えないなと。
あの言葉がはったりではないと、この試合で証明されることを祈ってます。

ジャイキリ12

カルロスが今より高い位置でプレーしているということに気づいた後藤。
これで攻撃の起点は二つになってしまって。
おー、王子が喋った。前回何も台詞がなかったのでね、聞けて嬉しい。
残り20分、一流のチームかどうかはここからのプレーで証明されると。
カルロスがとうとう上がってきました!ここらへんは相当ドキドキしましたね。
彼がボールを蹴った先には、ペペが!

しかしカルロスがどこかで上がってくるだろう、ということについては達海が言っていて……。
達海が狙っていたのはカルロスが上がってくるこの瞬間だったわけですね。
おさえるべきポイントはただ1つ、ペペへのパスコース!
本当にペペへパスがやって来て、それを止めた清川ナイス……!
カウンター。今度はETUが攻める番。
カメラマンである久堂さんの表情が達海を見た時に変わったのがちょっと気になりました。
行けーと言う皆の声を聞いて、行くよという王子がよかったです。
赤崎が決めるのかなと思ったんですが、止められた……!が、ボールはまだ生きていて、世良……!と思ったのですが……。

ジャイキリ12

まさかここで椿が来るとは思っていませんでした。それは達海も予想外だったようで。
ゴールが決まった瞬間は、一瞬え?ってなったのですが……決まったんだと理解した瞬間一気に興奮が!
皆に思い切り祝福されている椿、押しつぶされて大変w
皆が引いた後、椿に手を差し出して起こし、何も言わずに肩に手を置いた村越が格好良すぎるのですが。
ジーノにも声をかけてもらい達海には……。なんだろうこの場面、なにか萌えたな。
達海がかつて合宿の時に椿にかけた台詞は何回聞いてもいいですね。

なんだか満足そうな椿ですが、試合はまだ終わったわけではないので気を抜かずに頑張ってもらいたいですね。
藤澤さんの言うように、勝負はここから。後1点くらいはほしいところです。

ジャイキリ12

カルロスのいないDF陣にトップスピードで仕掛ければ突破できる。
どうやら名古屋のDF陣はカルロスに頼る部分が大きいようで……カルロスがいない時にカウンターをくらえばばたついてしまう。
その隙がなくなったら、名古屋はもっと強くなるんでしょう。
本当に監督になったんだなぁとしみじみする松っちゃん、気持ち悪いとか言われてしまってw
名古屋のほうは板垣がカルロスにつっかかり……カルロスは何を言ってるか分からなかったみたいですが、ゼウベルトはなんとなく分かったようです。
パスをよこせと。
右とか左とか関係なくゴールを狙いにいくと言う板垣、燃えていますが果たして彼はゴールを決めるのでしょうか……?
決められると同点になってしまうので、是非ETUに頑張ってもらわねばいけませんね。
今回もあっと言う間に終了。次回辺りで決着がつくのでしょうか?きっと勝つよね……!

(C)ツジトモ・綱本将也・講談社/NHK・総合ビジョン

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, GIANT, KILLING, 12話, 感想,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/1988-d4364da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
グランパレスとの戦いで、苦しい展開が続くETU。しかし、そこにはちゃんと達海監督の作戦がありました!後半に入っても、ETUはグランパレスに攻め込まれる展開が続いています。しかし...
2010/06/20(日) | 日々の記録
GIANT KILLING 01 キックオフ特別フ゜ライス [DVD]クチコミを見る ETUの防衛ラインを崩すことが出来ない名古屋は、カルロスを前線に置いた、最強の陣形で攻撃してくる。それこそが待ちに待った達海の狙いだったのだ。ブラジル三人トリオの猛襲を何とか避けきろうとす
2010/06/21(月) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
 ジャイアントキリング12話目。名古屋戦後半突入。前回覚醒しかけた椿。それが試合にどう影響してくるのかどうか気になるところ。名古屋のブラジルトリオも本気を出してきて…。ETUはその猛攻を止めることができるんでしょうか。達海の作戦も明かされてきてますます面...
2010/06/21(月) | コツコツ一直線
第12話
2010/06/21(月) | Happy☆Lucky
ETUの守備を前に、名古屋は攻めあぐねていた。
2010/06/21(月) | 本隆侍照久の館
カルロスが達海の策に気付いた! 気付かれる前に点を取っておきたかった? いや、その上がったスペースを突くのが真の狙い!! 椿キターー!! 今日のゲーム、守りでは魅せてましたが、ついに攻撃でも! 椿、覚醒す!! しかし、藤澤女...
2010/06/22(火) | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
GIANT KILLING #12 感想・レビュー。 攻めきれないことに苛立つゼウベルト。 カルロスはゼウベルトにパスが通らないことに気づく。 パスが通...
2010/06/22(火) | GIANT KILLING アニメレビュー
攻める名古屋、守るETU。 選手を信じ続けた達海の作戦勝ち。
2010/06/23(水) | からふるdays
<感想>『GIANT KILLING』第12話を観ました。☆ETUの先制椿の初のゴール、ETUの先制点、久しぶりにスカッとしました。それにしても、まさか痺れを利かしカルロスが攻撃に上がってく...
2010/06/28(月) | 新・黒ネコ生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。