アニメ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」 第21話

ここでは、「アニメ「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」 第21話」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GIANT KILLING(7) (モーニングKC)GIANT KILLING(7) (モーニングKC)
(2008/10/23)
ツジトモ

商品詳細を見る

なんでFWで開花したか。それがちゃんと分かってねぇと、ヤツはやっつけられねぇぜ、杉!
GIANT KILLING」第21話の(あらすじ省略)感想です。
窪田と言うFW。

感想
まさかの2失点目。
で、前半が終了してしまいました。なんということだろうか。
勝てる気がしない、でもETUの勝利を信じたい。皆まだ戦う意思はあるのだし……。

大阪先制。ハウアーの髪、片山と畑によってぐしゃぐしゃにw
ダルファーは美しいゴールだと言い、時間帯も素晴らしいと。なんで?と思ったら、これでETUは引いて守れなくなるから。
これから更に大阪はチャンスに恵まれるって……また失点しそうで怖いよ。園田は相変わらずの面白さw

ジャイキリ21

黒田は謝り、ヤツの好きにはさせないと。清川が自分が片山に抜かれたから……と言っていたらそこへ赤碕が来て。
あのFWに清さん達じゃ不安。死に物狂いでやれという話。……ああ、雰囲気が。
圧倒的に責められて失点、と言うのは去年幾度となくあった、と言うのは王子。さ、攻めようとか格好いいんだけどw
フォローにはなっていないけど、なんか皆元気になったみたいですね。空気も変わったかな。
彼等の顔はまだ死んでいない。
ETUが相手に先制されることの意味。ETUは逆転勝ちにほとんど縁がなく……頑張っても引き分けどまり。
勝てないチームには勝てない理由があるとか、語る山井さんにイライラしてしょうがないw
頼むから逆転勝ちを!って思うんだけども……。
そんなことは分かっているから、藤澤さんは監督の力ってものに期待を。

王子から夏木へのパスが出て。味方を探すも周りは……敵wで、とられちゃいました。
しかし村越が取り返して、王子。そして椿がキタ!んだけど平賀……。その後の王子の表情が引っかかって仕方ない。
平賀は今日の王子が間違いなく不調だと。本当にそうなのだろうか、とやっぱり勘ぐってしまう。
大阪は攻撃陣に眼を奪われがちだが、中盤とDFには代表選手がいて。単調な攻撃で崩せる相手ではなく……。
先制点を取った勢いもあって……勝てるのかよ、って思っても仕方ないよね。
達海は黒田のところはあんまり心配していないらしい。お、黒田がハウアーに勝ちました、すごい!
しかしそのボールは窪田に。とことん嫌なところで顔をだす……窪田。彼を抑えない限りETUに勝機見えてこず。

ジャイキリ21

ハイボール。黒田とハウアー、ボールはその向こうへ。
片山が来て……また失点!?と思われたけどナイスどりさああああああん!!格好いいわぁ……例えたまたまだとしても。
今日は特に切れてやがる窪田。まだ20歳なんですね。
下の世代では代表に入っていたらしいが、ほとんど控えで目立った活躍はしてないとのこと。今とポジションも違ったのか。
大阪の攻撃の怖さを語る達海。セカンドボールを高い確率で拾うため、あっちの攻撃はとめどなく続く。
で、セカンドボールをチームダントツの確率で拾うのが窪田。だから彼を抑えないと勝機が見えてこないということか。
あの洞察力と判断力は間違いなく才能。
何故FWで開花したのか?それをちゃんと分かっていないと窪田をやっつけられない……。杉さーん!
パスコースを防ぐことだけを考えると言う杉江。なんだろうなこの不安……。

ジャイキリ21

片山から窪田へ。ハウアーには入れさせないという杉江ですが……ボールは畑へ!
窪田の仕事をちゃんと理解できていない杉江、彼の仕事は中盤のMFではなく点を取るFW!
あー、なんかおわったって感じがする。ひたすらに打ちたいと思う窪田へボールキタ。
そして打たれた。で、ゴールがああああああ。……勝ちを信じたいけど2失点か……。
ゴールを決めた瞬間天国にいるみたいな気分になると言う窪田は、だからやめられないずっとサッカーしていたくなると……。
しかし窪田の笑い方、わは、わはってw
決まったな、と山井さん。否定できない自分が嫌だ。

中盤のそこを任されていた頃、センスは感じさせたものの問題もあって高い評価を与えられる選手ではなかった窪田だけども、紅白戦に代役のFWで出た彼は見違えていて。
彼のもとに集まるボール。で、ダルファーは窪田がボールに愛されていると確信。
攻撃と言う役割を担うことによって誰よりもピッチの上で輝く……。べた褒めだ。
攻めろよお前等、と羽田。んなこと言っても……。
今日のジーノは怖くない、とすっかり思っている平賀。本当にそうなのかもしれないけど。
椿がボールを持っていけるかと思ったけど、窪田!……いやもう、窪田すごいな。
前で勝負!ああ、世良が出た、しかし守備固く。もういっちょって時に前半が終わってしまったあああああ。
うーん、1失点ならなんとかなるんじゃ、なんて思ったんですけどもどうなんだこれ……後半で巻き返して逆転勝ちとかあるのかなぁ。
次回予告、選手は試合を楽しんでいるのか。杉江とかは確実に楽しんでなさそうな気がするけど……。
後半、ETUの大逆襲始まる……か?

(C)ツジトモ・綱本将也・講談社/NHK・総合ビジョン

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, GIANT, KILLING, 21話, 感想,

コメント
この記事へのコメント
どうもです。

何とか2失点で抑えたって感じがする前半でしたよね。
4FWってのは、実際のサッカーでは聞いたことはありませんから、恐るべし、ガンナーズです。

わたしが#21で印象に残ったシーンはジーノのセリフ。
「圧倒的に攻められて失点なんてさ、去年幾度もなくあったじゃないか。今さら気に病むほどのことじゃないよ、さあ攻めよ」

まぁ、ウジウジしててもしょうがないし、切り替えて行こうっていう表現がジーノらしくて好きなんです。

さぁ、後半、ETUの巻き返しに期待して応援続けてましょう。
2010/08/23(月) 12:53 | URL | ごつう #jt8n39oA[ 編集]
こんばんは。
4FWってのは、実際のサッカーでは聞いたことないのですね。
実際こういう風にやってるチームはあるんだろうか……と思っていましたが。

圧倒的に攻められて~なジーノの台詞は普通にお、格好いいと言う感じでした。
この台詞はなんともジーノらしいですよね。
後半、ETUが巻き返してくれるでしょうか。このままいいようにやられるはずがない……とは思うのですが。
2010/08/26(木) 19:16 | URL | isamu #halAVcVc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2057-0cb36126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
強敵ガンナーズとの戦いを前に、常に攻め込まれるETU。なんとか守り通してきましたが、守備の一瞬の隙を突かれて得点を許してしまったのでした。ここから体勢を立て直した
2010/08/22(日) | 日々の記録
大阪ガンナーズが先制。 得点を決めたハウアーは片山と畑から手荒い祝福を受ける。せっかくセットした髪形が台無しだね。
2010/08/22(日) | 本隆侍照久の館
 今回は窪田メインの話。ここまで話を観ていると他のFWの存在感がありすぎて目立たないキャラな窪田ですが、そんな窪田がどうやら大阪の攻撃力の秘密のようで…。一体どんな秘密が隠されているんでしょうか。ETU、ますますピンチです…。
2010/08/23(月) | コツコツ一直線
GIANT KILLING #21 感想・レビュー。 ハウアーはゴールを決め、ガンナーズの選手たちから手荒い洗礼を。 ダルファーもうれしそう。 ETUの選手たちは声を掛け合ってモチベーションをあげようとしているにもかかわらず、士気を下げるようなジーノの発言。 「フォローに...
2010/08/24(火) | アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析!
才能! 今回もETUは大阪の猛攻に耐える時間が続きます。でもなんとなくモヤモヤが残った前回と比べると、今回は名前を覚えてきたおかげなの...
2010/08/25(水) | 軒下倉庫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。