アニメ「ぬらりひょんの孫」 第14話 劫火と驟雨

ここでは、「アニメ「ぬらりひょんの孫」 第14話 劫火と驟雨」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぬらりひょんの孫 コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)ぬらりひょんの孫 コミックカレンダー2011 (SHUEISHA コミックカレンダー2011)
(2010/11/11)
椎橋 寛

商品詳細を見る

四国妖怪は、野暮をやりやがる。
ぬらりひょんの孫」第14話あらすじ感想です。
邪魔者。

あらすじ
隠神刑部 玉章による正式な宣戦布告を受けた奴良組。
猩影達が攻撃を仕掛けるが、犬鳳凰の放った火により、門に火がついてしまう。
今度会う時はこれくらいじゃすまないと玉章は言った。
河童により火は消され、門が燃えてしまうことはなかった。
一箇所に集めたほうが安全ということで、リクオは合宿だと言って清継達を自分の家に集めるが、ゆらはその誘いに乗らなかった。
一人行動するゆらは、首が壊された地蔵、壊された祠を発見する。
岸涯小僧の後をつけてきた牛頭丸と馬頭丸は交戦するが、なぜか岸涯小僧はとても弱かった。
水を操る妖怪である岸涯小僧は、雨が降って水を得た途端急に強くなる。
河童は夜リクオとともに浄水場へやって来て、岸涯小僧と対峙する。しかしそこへ犬鳳凰が姿を現し、岸涯小僧を救出して去っていく。
河童と夜リクオも引き上げ、夜リクオを見つけたゆらがそこへやって来た時には、もうその姿はなかった。

感想
随分と場面転換の激しい回だったように思いました。
何か感想が書き辛かったですね、そして何か疲れる。もう少し減らしてくれるとありがたい。
まだ戦いは始まったばかり、な今回。今後どんな激しい戦いが見れるのか。

リクオ達の前に姿を現した、玉章、犬神。……七人同行。
四国八十八鬼夜行を束ねる者、隠神刑部 玉章が何故こんなことをするのか?それは多くの畏れを集めてのぼっていくため。
リクオを自分の百鬼夜行の後ろに並ばせるだと……!
そんなところにやってきたのは猩影。自分の父親の組を弱かった、とか言われたらそりゃあ怒りもするが……つっこんでいくべきではないと思われる。
が、向かっていったのは彼だけではなく。牛頭丸に馬頭丸、つららまで!

しかし犬鳳凰の吐いた火でつららの攻撃は届かず、しかも門に火がついてしまったのでした。
今度会う時はこれくらいじゃすまないと言って去っていく玉章達。どうにもならんのかと思われましたが、河童のおかげで火は消すことが出来ました。
どうやらリクオは清継達を本家に呼ぶことにしたらしい。つららの表情w
リクオの家で合宿、ということで皆を呼ぶことに。皆来てくれるようでよかったじゃないか。
ゆらも誘うも、その合宿に参加することは出来ないらしい。彼女にまた被害が及ばないといいですけどね。
とんでもないことが起こっている、と言われて思わず謝ってしまうリクオ。なんか怪しまれていましたが、それ以上は何も言われず。

ぬらり14(2)

つららは命を落とした妖怪の墓の前に。そして青田坊達は門の修理を。
年寄りは地獄耳、とか黒田坊に言われてしまうカラス天狗w
皆で門の修理をしているのですが、瓦が重くて運べない、とか何か可愛いw
牛頭丸と馬頭丸の姿は見えないらしい。本当どこに行ったのだろう……。
総大将と納豆小僧と言えば……なんか山にいました。って四国!?
不在な牛頭丸と馬頭丸が見つけたのは七人同行の1人。門の前でのあの戦闘の際、しっかり目印をつけていたらしい。
後をつけて昨日の借りを返そうとしますが、大丈夫かな。相手は七人同行だしなぁ。

本家へとやって来た清継達。リクオは自分の部屋に先に言ってもらうように言って……。
その頃、誘いを断ったゆらは、地蔵の首が取れて祠が壊されている場所を発見。それは最近壊されたもの。
つららは清継達のボディーガードを頼まれることに。命令を受けて了承したつららではありますが気は乗らないよう。
ため息つく姿も可愛いですね。
岸涯小僧と戦う牛頭丸と馬頭丸ですが、何故か弱い。七人同行がこんなに弱いはずないと思うのですがね……。
改装中であるため妖怪探しの探検はなしで、と言ったらそれは話が違うと言う清継の準備すげぇw
つららが現れてからの島の態度の変わりようw
今回のアイキャッチは個人的にかなり好きだったりする、格好いい!

今頃奴良組は大騒ぎしているはず。袖モギ様……?
その袖モギ様の動きはいずればれるだろうが、その時には手遅れだと。
犬神は自分が倒したくてうずうずしている感じでしょうか……犬神はなんかもうね、嫌だわ。
一つ目を止める首無と黒田坊。どうやら廊下も自由に歩かせてもらえないらしい。
今彼が出て行ったらリクオの気持ち台無し。と言ってもうるさい、そこをどけと。うざい……。

ぬらり14(2)

それを止めたのは木魚達磨。彼も今回のことは気に入らないと思っているようですが、リクオを中心にひとつにまとまらねばならないと思っていて。
耐えてくれと言われた一つ目ですが、我慢できるのか?勝手に行動してなんかあっても、個人的には別に……。
手作りのケーキを振舞われている清継達。つららのケーキは見事に凍っていてw姑と嫁発言のせいなのか?
岸涯小僧を追い詰めていく牛頭丸と馬頭丸でしたが、彼は水を操る妖怪であるため、雨が降った途端いきなり強く!
ゆらは空を見つめ……リクオは清継達と遊んでいると呼ばれてしまい。リクオは河童とともに一体どこへ向かうというのか?

ぬらり14(2)

河童がどこへ向かったかと思えば、それは岸涯小僧のところ。
馬頭丸が河童のことを呼びまくる……こんな時にw
夜リクオ登場!そして岸涯小僧と河童の戦いが始まり、ゆらは遠くから夜リクオの姿を発見。
岸涯小僧は河童におされている感じでしょうかね。と、そこへやってきたのは犬鳳凰ですか。
向かってきた犬鳳凰を簡単に吹き飛ばしてしまう夜リクオ格好良すぎる!まあ結局は岸涯小僧を救出されてしまいましたけども。
その時が来たら決着をつけると言う岸涯小僧。河童に夜リクオも引き上げ、ゆらが駆けつけた時にはもう誰もおらず。
まだ始まったばかりの全面戦争。次回も戦いは続き……今度は誰の活躍が見れるでしょうか。

(C) 椎橋寛/集英社・奴良組

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, ぬらりひょんの孫, 14話, あらすじ, 感想, 劫火と驟雨,

コメント
この記事へのコメント
>随分と場面転換の激しい回だったように思いました。
>何か感想が書き辛かったですね、そして何か疲れる。もう少し減らしてくれるとありがたい。

書き込むだけの人間だと他人事丸出しで恐縮ですが、
あんまり関係ないですな

>リクオ達の前に姿を現した、玉章、犬神。……七人同行。
>四国八十八鬼夜行を束ねる者、隠神刑部 玉章が何故こんなことをするのか?
>それは多くの畏れを集めてのぼっていくため。
>リクオを自分の百鬼夜行の後ろに並ばせるだと……!

倒すより難しいと思われるが、
それを出来る自信があるってことなのか?

>そんなところにやってきたのは猩影。
>自分の父親の組を弱かった、とか言われたらそりゃあ怒りもするが
>……つっこんでいくべきではないと思われる。

まあ、幹部ですらないムチに全滅してるわけですから弱いといわれてしまうのも、
勿論、家族殺されてた猩影の怒りもどっちも解ります

>が、向かっていったのは彼だけではなく。牛頭丸に馬頭丸、つららまで!

正しく狼煙の如くですな

>しかし犬鳳凰の吐いた火でつららの攻撃は届かず、
>しかも門に火がついてしまったのでした。
>今度会う時はこれくらいじゃすまないと言って去っていく玉章達。

ホントにい宣戦布告だけだったんですかね…

>どうにもならんのかと思われましたが、河童のおかげで火は消すことが出来ました。

変化は下手糞ですが大活躍です

>どうやらリクオは清継達を本家に呼ぶことにしたらしい。つららの表情w

つうかリクオ君の汗が凍ってたwww

>リクオの家で合宿、ということで皆を呼ぶことに。
>皆来てくれるようでよかったじゃないか。

ホントに大丈夫なのかって気がしなくもないですが

>ゆらも誘うも、その合宿に参加することは出来ないらしい。
>彼女にまた被害が及ばないといいですけどね。

ですなあ…

>とんでもないことが起こっている、と言われて思わず謝ってしまうリクオ。
>なんか怪しまれていましたが、それ以上は何も言われず。

まあ、知らないと意味不明なだけですしね

>つららは命を落とした妖怪の墓の前に。そして青田坊達は門の修理を。

うっかり?叩き割った場面が面白かった

>年寄りは地獄耳、とか黒田坊に言われてしまうカラス天狗w

つうか人間的視点で見たら、多分皆さん年寄りばっかですw

>皆で門の修理をしているのですが、瓦が重くて運べない、とか何か可愛いw

確かに癒されますな

>牛頭丸と馬頭丸の姿は見えないらしい。本当どこに行ったのだろう……。
>総大将と納豆小僧と言えば……なんか山にいました。って四国!?

って言うか敵陣にほぼ単身でって言うのが凄いです

>不在な牛頭丸と馬頭丸が見つけたのは七人同行の1人。
>門の前でのあの戦闘の際、しっかり目印をつけていたらしい。
>後をつけて昨日の借りを返そうとしますが、大丈夫かな。相手は七人同行だしなぁ。

こいつら頭の回転は速いようですしね
つうかこいつも変身下手だな…ただの変装ってだけかもですが

>本家へとやって来た清継達。リクオは自分の部屋に先に言ってもらうように言って……。
>その頃、誘いを断ったゆらは、
>地蔵の首が取れて祠が壊されている場所を発見。
>それは最近壊されたもの。

前に七人同業が言ってた土地神がどうとかって奴ですな

>つららは清継達のボディーガードを頼まれることに。
>命令を受けて了承したつららではありますが気は乗らないよう。
>ため息つく姿も可愛いですね。

って言うかあのスタンバってる旗とかが気になる

>岸涯小僧と戦う牛頭丸と馬頭丸ですが、何故か弱い。
>七人同行がこんなに弱いはずないと思うのですがね……。

油断しやすいのがこいつらの悪い癖です

>改装中であるため妖怪探しの探検はなしで、
>と言ったらそれは話が違うと言う清継の準備すげぇw

つうかなんで刀剣まであるんだか…
戦うつもりですかね?

>つららが現れてからの島の態度の変わりようw

流石ですな…つららの話題転換の巧さも、島の換わり見っぷりも

>今回のアイキャッチは個人的にかなり好きだったりする、格好いい!

確かに後半はイケてますな

>今頃奴良組は大騒ぎしているはず。袖モギ様……?
>その袖モギ様の動きはいずればれるだろうが、
>その時には手遅れだと。

袖モギ様って見た目だけは雑魚っぽいですがね

>犬神は自分が倒したくてうずうずしている感じでしょうか
>……犬神はなんかもうね、嫌だわ。

犬神って所詮は犬の悪霊ですしね
むしろかわいらしい犬神のほうがアウトでしょうか

>一つ目を止める首無と黒田坊。
>どうやら廊下も自由に歩かせてもらえないらしい。
>今彼が出て行ったらリクオの気持ち台無し。
>と言ってもうるさい、そこをどけと。うざい……。

人間に化けて出れば良いんじゃないのか?って気がしなくもないですが
変身能力持ってるのって一部だけなんですかね?

>それを止めたのは木魚達磨。
>彼も今回のことは気に入らないと思っているようですが、

鴆ですらお気に召しとらんようですし

>リクオを中心にひとつにまとまらねばならないと思っていて。

木魚さんは冷静ですな

>耐えてくれと言われた一つ目ですが、我慢できるのか?
>勝手に行動してなんかあっても、個人的には別に……。

一応幹部ですしね…しかも古参の

>手作りのケーキを振舞われている清継達。
>つららのケーキは見事に凍っていてw姑と嫁発言のせいなのか?

ですなあ…母上殿もお嫁さんにカナを狙ってる様ですし

>岸涯小僧を追い詰めていく牛頭丸と馬頭丸でしたが、
>彼は水を操る妖怪であるため、雨が降った途端いきなり強く!

案の定あの二人の悪癖発動

>ゆらは空を見つめ……リクオは清継達と遊んでいると呼ばれてしまい。
>リクオは河童とともに一体どこへ向かうというのか?

水があるトコ同士でワープって出来ないんすかねえ???

>河童がどこへ向かったかと思えば、それは岸涯小僧のところ。
>馬頭丸が河童のことを呼びまくる……こんな時にw

タイミング悪すぎwww
まあ、人間組み読んだ時にこいつ等いなかったようですしね

>夜リクオ登場!そして岸涯小僧と河童の戦いが始まり、ゆらは遠くから夜リクオの姿を発見。
>岸涯小僧は河童におされている感じでしょうかね。と、そこへやってきたのは犬鳳凰ですか。

最初に見たときから思ってましたが、
こいつのどこに犬要素があるんだろう?
鳳凰は鳥繋がりで妥協するとしても…

>向かってきた犬鳳凰を簡単に吹き飛ばしてしまう夜リクオ格好良すぎる!

そのまま倒しちゃえば良かったのになんて思ってみたり…

>まあ結局は岸涯小僧を救出されてしまいましたけども。
>その時が来たら決着をつけると言う岸涯小僧。

そういうこと言う奴って消えフラグですけども…

>河童に夜リクオも引き上げ、ゆらが駆けつけた時にはもう誰もおらず。
>まだ始まったばかりの全面戦争。

つうか式神呼ばなかったんかな?

>次回も戦いは続き……今度は誰の活躍が見れるでしょうか。

雰囲気的には毛倡妓みたいですけどね
2010/10/18(月) 09:39 | URL | Lapis lazuli #pamUQ3n2[ 編集]
こんばんは。
リクオが清継達を本家に呼ぶことにした時、リクオの汗が凍ってたのは気づきませんでしたw
そして七人同業が言ってた土地神がどうとかってのも忘れかけていましたw

犬鳳凰についてですが、確かにどこに犬要素があるのかは疑問ですね。
どこらへんがそうなのか知りたいところです。
夜リクオが吹き飛ばしついでに倒してしまえばいいのに、とは私も思いました。
いずれ倒してくれるであろう時を楽しみに待ちますw

誰が戦うのか、と思っていましたが確かに毛倡妓でした。
2010/10/20(水) 18:25 | URL | isamu #halAVcVc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2110-071d49d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「それって、結構難しい注文ですよ、三代目」 今回も原作には無いオリジナルの描写(河童の活躍など)が数多く含まれてました。 やはり四...
2010/10/12(火) | 日記・・・かも
「僕らの百鬼夜行の後ろにしてあげるよ-----------!!」これは四国八十八鬼夜行の隠神刑部玉章による正式な宣戦布告。だが挨拶もままならないその時、狒々の息子の猩影が「親父の仇」...
2010/10/12(火) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)椎橋 寛 by G-Tools オリ回の宿命か・・・ -公式サイト・Wikipedia- ぬらりひょんの孫 公式サイト ...
2010/10/12(火) | 24/10次元に在るブログ
【劫火と驟雨】 ぬらりひょんの孫 第2巻【初回限定生産版】 [DVD]出演:福山潤 平野綾 堀江由衣 櫻井孝宏 杉田智和 大塚周夫販売元:東宝発売日:2010-10-22おすすめ度:クチコミを見る つららちゃんまだやってたんですね('◇'*) 
2010/10/12(火) | 桜詩~SAKURAUTA~
『四国八十八鬼夜行(しこくはちじゅうはっきやこう)を束ねし隠神刑部狸玉章(いぬがみぎょうぶだぬきたまずき)が再びリクオの前に現れた...
2010/10/12(火) | Spare Time
ぬらりひょんの孫 第14話「劫火と驟雨」公式HPより四国八十八鬼夜行(しこくはちじゅうはっきやこう)を束ねし隠神刑部狸玉章(いぬがみぎょうぶだぬきたまずき)が再びリクオ...
2010/10/12(火) | SOLILOQUY
ぬらりひょんの孫 第3巻【初回限定生産版】 [DVD](2010/11/26)福山潤 平野綾 堀江由衣 櫻井孝宏 杉田智和 大塚周夫商品詳細を見る  玉章が七人同行...
2010/10/12(火) | 破滅の闇日記
水を得た岸涯小僧(ガンギこぞう)超TUEEE!でも、それ以上に河童さんマジクール!なお話でした。 牛頭&馬頭大活躍回かと思ったら、真の実力者っぽく美味しいところを持って行くなんて、さすが河童さんやでぇw 玉章達との本格抗争に突入したわけですが、ち...
2010/10/12(火) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
  #14「劫火と驟雨」四国八十八鬼夜行を束ねし隠神刑部狸玉章が再びリクオの前に現れた。玉章はリクオにあらためて奴良組の乗っ取りを高らかに宣言しにきたのだ。事態を重く見...
2010/10/12(火) | 日々“是”精進!
リクオの前に再び現れた玉章は、改めて奴良組の乗っ取りを宣言。 父の仇を叫ぶ猩影も一蹴し。 犬鳳凰の炎で門を燃やされてしまう…とこれが...
2010/10/12(火) | SERA@らくblog
つららちゃんのあの目つき、最高!玉章と七人同行の動きが本格化してきた今、一番安全
2010/10/12(火) | くまっこの部屋
四国八十八鬼夜行が姿を現したところで、猩影や牛頭丸、馬頭丸、氷麗が攻撃を仕掛ける。 しかし、今は戦う時ではないとことで、犬鳳凰の火炎で簡単にあしらい去っていく。 門にうつった炎は河童が消化し、事なきを得る。
2010/10/12(火) | 本隆侍照久の館
テレビ版の 『ぬらりひょんの孫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 水対決 (1...
2010/10/12(火) | ビヨビヨ日記帳2
 ここ最近、浮世絵町では妖怪による襲撃事件が頻発していた。そしてこともあろうか、奴良組本家までもが妖怪に乗り込まれてしまう。その妖...
2010/10/13(水) | もっとTo LOVEると美柑&ヤミを好きになる!(新さくら日記)
第15話「劫火と驟雨」河童が意外に強くてビックリだよ(@_@。 ぬらりひょんの孫 第3巻【初回限定生産版】 [DVD]出版社/メーカー: 東宝メディア: DVD?
2010/10/13(水) | ウサウサ日記
四国妖怪を束ねる玉章が奴良組に直接乗り込んできた!! この大ピンチにリクオはどうする!?
2010/10/13(水) | まざまざの萌えを叫べ!
ついつい原作コミックス既巻分読んじゃいましたw アニメでどこまでやるのかな~と俄然気になってしまいますね。 (超今更ですが…汗) ぬらりひょんの孫 12 (ジャンプコミックス)作者: 椎橋 寛出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/09/03メディア: コミック
2010/10/13(水) | 風庫~カゼクラ~
玉章の正式な宣戦布告!総大将がいない奴良組に動揺が走る。「劫火と驟雨」あらすじは公式からです。四国八十八鬼夜行(しこくはちじゅうはっきやこう)を束ねる者にして八百八狸の...
2010/10/13(水) | おぼろ二次元日記
突然、奴良組本家を襲撃してきた犬神。リクオ達が犬神を追って 外に出ると、そこには隠神刑部玉章と七人同行が正式に挨拶に 来たと言って待っていた。いきなりやってきた玉章達に驚く リクオ達だったが、猩影は父・狒々の仇を目の前にして、自ら 名乗りを上げる。玉章はそ...
2010/10/13(水) | ゴマーズ GOMARZ
「結構難しい注文ですよ三代目。でも、ま、やってみるか」 無口キャラではなかったのですね河童くんΣ(゚∀゚*)  ↓  ↓
2010/10/14(木) | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
ぬらりひょんの孫はバトル開戦も 総大将は四国のに居るけど VS崖涯小僧の水バトル良く 次はバトルの様で楽しみだよ ...
2010/10/14(木) | 別館ヒガシ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。