アニメ「ぬらりひょんの孫」 第20話 七分三分の盃

ここでは、「アニメ「ぬらりひょんの孫」 第20話 七分三分の盃」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぬらりひょんの孫 マイクロファイバーミニタオル ちびキャラVer.鴆ぬらりひょんの孫 マイクロファイバーミニタオル ちびキャラVer.鴆
(2010/12/11)
ブロッコリー

商品詳細を見る

昼でも夜でも、お前はお前だろうが。
ぬらりひょんの孫」第20話あらすじ感想です。
彼の百鬼夜行。

あらすじ
ぬらりひょんは隠神刑部狸から、玉章だけが伝説の宝物を手にしたはずだと聞いた。その宝が魔王の小槌かは分からない。
だが玉章は宝を手にしたであろう日から、仲間を仲間とも思わぬ妖に変わってしまった。
その玉章のところに集まった妖怪達。四国八十八鬼夜行が表舞台に立つ時が来た。
彼が持っている刀、その名は魔王の小槌と言った。
土地神つぶしは大方成功。奴良組の戦力も分かったと言う玉章は、リクオはこちらの総攻撃に耐える力はないとあえて言う。
自分の血がおさまらない、そうつららに漏らした猩影が、一人ビルにやってきた。
ビルに入ったらあまりにも沢山の妖怪がおり、そして彼は手洗い鬼に一撃をもろにくらってしまう。
終了かと思われたが、そこに三羽鴉がやって来て、猩影は救出される。
彼がアジトにたった一人で乗り込んだことを聞いたリクオは自分を責めるが、鴆は猩影が自分の負った傷を人のせいにすると思うか?と言った。
自分達はリクオの百鬼夜行ではない……。 五分五分ではない七分三分の親分子分の盃をかわせとつ。
つらら達と盃を交わしたリクオ。それはまだまだほんの小さな百鬼夜行だ。

感想
リクオだけの百鬼夜行。
というものが出来上がりましたが、盃交わすところは普通に良かったなぁ。
にしても最終決戦まだ?と言う感じです。引っ張る引っ張る……。

玉章のもとへ向かう妖怪達あり。
油断は出来ないなどとリクオ達が話をしていると、聞こえてきたのは清継の声。
まだこの目で妖怪を拝めていない彼。清継だけだよな……拝んでないのw
なんとしても妖怪をこの目で見ないときがすまないみたいですが、見れる気がしないわやっぱり……。
今週末もリクオの家で合宿をすることに?島は勘弁と言い、夏実と沙織もパスってなるとしないことになるのかな。
リクオは果たして嫌なのか?

狸に追いかけられてる納豆小僧w和むw
隠神刑部狸から、玉章だけが伝説の宝物を手にしたはずだと聞いたぬらりひょん。その宝とは、魔王の小槌?
返ってきた答えはわからん、というもの。だが玉章は宝を手にしたであろう日から、変わってしまったという。
それは仲間を仲間とも思わぬ妖に……。
玉章のところに集まった妖怪達。四国八十八鬼夜行が表舞台に立つ時が来た!
彼が持っている刀、その名は魔王の小槌!伝説の宝物はしっかりと玉章の手に。小槌、って刀だったんだ。
木魚達磨は間違いなく四国八十八鬼夜行の妖怪どもが集結していると。奴らは本気と言うこと。
自分が組をまとめないと、ぬらりひょんの孫なのだから、とリクオ。どうする?

ぬらり20

猩影に声をかけるつらら。今回もまた可愛いですね。
妖怪の世界でやっていくつもりはなかったという猩影。しかし親父があんなことになってしまい、妖怪としての血が滾るのを感じた……。
リクオは親父の敵を討てとも言わないし、かといって討ってくれる様子もなし。このままじゃ俺の血がおさまらない、と猩影の横顔かっけぇ。
土地神つぶしは大方成功。奴良組の戦力も分かったと言う玉章は、リクオはこちらの総攻撃に耐える力はないと言う。
犬神はかませいぬ。奴良組の戦力をはかるうえでなくてはならないかませいぬ……。これはさすがに酷いような。
暴れたりない犬神、もうすぐ総攻撃をかけるという玉章の姿が変わった、というか髪伸びた。シルエットしか分からないのが残念だ。

なんだか胸騒ぎがすると言うつらら、それは毛倡妓も同じこと。
猩影がなんと1人であのビルにやってきました。なんと危険なことを。1人じゃ無理ですよ……。
ビルに入ったらあまりにも沢山の妖怪が。
そして手洗い鬼に一撃をもろくらった猩影。この一撃を華麗に避けてくれたら格好良かったのに。
思い出されるのは父親との過去。猩影、見た目は強そうなのにな……。
え、ぬらりひょんより狒々のが強いの!?そんな、まさか。
お前はお前の目で見極め、進むべきを決めればいい、と言った親父。手洗い鬼の踏み潰す力が更に強くなった……このまま終了してしまうのか?
と、そんなところに三羽鴉登場。相変わらずの格好良さである。変化してないのは残念だ。
手洗い鬼は追うな、と玉章に言われ。全てのカタは最終決戦でつける……。

ぬらり20

とりあえず猩影が死んでいなくて良かった。ボロボロだけどさ。
彼がアジトにたった一人で乗り込んだことを聞いたリクオは自分を責めるけど、鴆は猩影が自分の負った傷を人のせいにすると思うか?と。
お前はお前の百鬼夜行で戦えばいいとか、格好いいです鴆。
今の状況は総大将あってのリクオに他ならず。自分達とリクオは、総大将を中心に五分五分の対等な関係。
自分達はリクオの百鬼夜行ではない……。
五分五分ではない七分三分の親分子分の盃をかわせと言う鴆。
妖怪としての力は夜しかない、皆ついてきてくれるとは思えないとは、なんとも弱気なリクオ……しっかり!
しかしその後、鴆を見る目は凄くいい目でした、どきりとするわ。
お前はお前だと、お前の百鬼夜行は昼も夜も関係なく、リクオ自身にほれ込んだものを言う……!今回の鴆はイケメンすぎる。

桜の木へとやって来たリクオ、幼すぎるリクオはぬらりひょん達に置いていかれ……。
自分は自分として、もう誰も傷つけたくはない。だから……!
そんなところにやって来た護衛達。ここの場面いいですね、首を長くしてって首無には首がないのだけどw
そして彼らと盃を……!その道が険しいならばともにとか、つらら可愛いんだけど……しかし黒田坊の格好良さがもうたまらないわ。
つららが盃を交わした後、夜リクオが!?よろしく頼むぜ雪女、ってこれはやばい、格好良すぎる!

ぬらり20

他の皆も盃を。しかし毛倡妓は飲まないのね。
桜の木の上にいる夜リクオたまらん。やはり夜リクオのようになるのは難しい、強くて恐ろしくて怖いから。
それを聞いて、ちらっとリクオを見た時の夜リクオの表情が凄く好きなのですが。
僕の全てを君に明け渡すつもりはない。降り立った夜リクオは、人間のことはリクオに任せることに。
ガキだからガキ。やがて消えた夜リクオ……本当格好良かったな。
物音がしたと思ったら猩影でした。リクオは、四国のところへ乗り込むならば次は自分も一緒だと!
相手はただの化け狸。そんなヤツ相手に勝手に死ぬ覚悟を決めるんじゃねぇ、って姿は昼なのに夜の声が聞こえる。
猩影は家族。桜の花で見えなくなったと思ったら、夜リクオに!後ろは俺らが支えてやるとか、どんだけ格好いいのかなぁ。
まだまだほんの小さな百鬼夜行。牛鬼とかはいかないのかよーつまらん。
いよいよ決戦ですかね。次回は素直に楽しみだなぁ。
次回予告、島はサッカーの日本代表なのに何故妖怪探しを?本当サッカーやれって感じですが、きっと清継が、ねぇ。

(C) 椎橋寛/集英社・奴良組

FC2にTBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。
※記事内に言及リンクを貼って送ってください

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, ぬらりひょんの孫, 20話, あらすじ, 感想, 七分三分の盃,

コメント
この記事へのコメント
>リクオだけの百鬼夜行。
>というものが出来上がりましたが、
>盃交わすところは普通に良かったなぁ。
>にしても最終決戦まだ?
>と言う感じです。引っ張る引っ張る……。

多分四国編で終わりですな…
その先からが楽しいのに…

>まだこの目で妖怪を拝めていない彼。
>清継だけだよな……拝んでないのw
>なんとしても妖怪をこの目で見ないときがすまないみたいですが、
>見れる気がしないわやっぱり……。

もうやらせで襲わせてびびらしゃ良いんじゃね?
なんて思わなくもないですが

>今週末もリクオの家で合宿をすることに?
>島は勘弁と言い、
>夏実と沙織もパスってなるとしないことになるのかな。
>リクオは果たして嫌なのか?

まあ、玉章の言葉信じるなら匿う必要性は無いですが

>狸に追いかけられてる納豆小僧w和むw

少し見ないウチにすっかり攻守逆転しましたな

>隠神刑部狸から、
>玉章だけが伝説の宝物を手にしたはずだと聞いたぬらりひょん。
>その宝とは、魔王の小槌?

これを最初に聞いたときにハンマーと思った俺は悪くない筈w

>返ってきた答えはわからん、というもの。
>だが玉章は宝を手にしたであろう日から、
>変わってしまったという。

乗っ取られた?

>それは仲間を仲間とも思わぬ妖に……。
>玉章のところに集まった妖怪達。
>四国八十八鬼夜行が表舞台に立つ時が来た!

妖怪自体があんまり表に出てないジャン
って気がしなくもないですが…

>彼が持っている刀、その名は魔王の小槌!
>伝説の宝物はしっかりと玉章の手に。
>小槌、って刀だったんだ。

最初に聞いた時に(以下略

>木魚達磨は間違いなく
>四国八十八鬼夜行の妖怪どもが集結していると。
>奴らは本気と言うこと。

そりゃあ、ココまでやって本気じゃなかったって言うのは
行かんでしょうよ

>自分が組をまとめないと、
>ぬらりひょんの孫なのだから、とリクオ。どうする?

危ないフラグおったてないで欲しいなあ

>猩影に声をかけるつらら。今回もまた可愛いですね。

奴良組のマスコットですから

>妖怪の世界でやっていくつもりはなかったという猩影。
>しかし親父があんなことになってしまい、
>妖怪としての血が滾るのを感じた……。

やはり親子ってことでしょうか?

>リクオは親父の敵を討てとも言わないし、
>かといって討ってくれる様子もなし。
>このままじゃ俺の血がおさまらない、と猩影の横顔かっけぇ。

でかいからへ迫力ありますし

>土地神つぶしは大方成功。
>奴良組の戦力も分かったと言う玉章は、
>リクオはこちらの総攻撃に耐える力はないと言う。

どっちも陣営も変なフラグおっ建ててからに…

>犬神はかませいぬ。
>奴良組の戦力をはかるうえでなくてはならないかませいぬ……。
>これはさすがに酷いような。

原作でも、ひどい扱いだったなあ
退場してない分、マシと言えるのか否か

>暴れたりない犬神、
>もうすぐ総攻撃をかけるという玉章の姿が変わった、
>というか髪伸びた。
>シルエットしか分からないのが残念だ。

カードゲームのCMで散々見てるとはいえ、
動くのを見るのは楽しみですな

>なんだか胸騒ぎがすると言うつらら、それは毛倡妓も同じこと。

姐さん無駄に色っぽいwww

>猩影がなんと1人であのビルにやってきました。
>なんと危険なことを。1人じゃ無理ですよ……。

原作では牛頭馬頭コンビでした

>ビルに入ったらあまりにも沢山の妖怪が。
>そして手洗い鬼に一撃をもろくらった猩影。
>この一撃を華麗に避けてくれたら格好良かったのに。
>思い出されるのは父親との過去。
>猩影、見た目は強そうなのにな……。

それだけ向こうが強かったってことですかね

>え、ぬらりひょんより狒々のが強いの!?そんな、まさか。

力は強くても魔力は上みたいな感じでしょうか?

>お前はお前の目で見極め、
>進むべきを決めればいい、と言った親父。

面着けて素顔さらさないけど
いいパパさんだったようで

>手洗い鬼の踏み潰す力が更に強くなった
>……このまま終了してしまうのか?
>と、そんなところに三羽鴉登場。

この辺は原作と同じですな

>相変わらずの格好良さである。変化してないのは残念だ。
>手洗い鬼は追うな、と玉章に言われ。
>全てのカタは最終決戦でつける……。

深追いが禁物なのは基本ですが

>とりあえず猩影が死んでいなくて良かった。ボロボロだけどさ。
>彼がアジトにたった一人で乗り込んだことを
>聞いたリクオは自分を責めるけど、
>鴆は猩影が自分の負った傷を人のせいにすると思うか?と。

まあ、そういうキャラじゃないでしょうな

>お前はお前の百鬼夜行で戦えばいいとか、格好いいです鴆。

流石最初に杯交わしただけありますな

>今の状況は総大将あってのリクオに他ならず。
>自分達とリクオは、総大将を中心に五分五分の対等な関係。
>自分達はリクオの百鬼夜行ではない……。

まあ、それが正しいでしょうな

>五分五分ではない七分三分の親分子分の盃をかわせと言う鴆。
>妖怪としての力は夜しかない、
>皆ついてきてくれるとは思えない
>とは、なんとも弱気なリクオ……しっかり!

確かに昼の彼は弱弱しいですからね

>しかしその後、鴆を見る目は凄くいい目でした、どきりとするわ。
>お前はお前だと、お前の百鬼夜行は昼も夜も関係なく、
>リクオ自身にほれ込んだものを言う……!
>今回の鴆はイケメンすぎる。

確かに魅せますなあ

>桜の木へとやって来たリクオ、
>幼すぎるリクオはぬらりひょん達に置いていかれ……。

このとき爺ちゃんはどこに何しにいったんですかね?

>自分は自分として、もう誰も傷つけたくはない。だから……!
>そんなところにやって来た護衛達。

いいタイミングででてきたなあ

>ここの場面いいですね、
>首を長くしてって首無には首がないのだけどw

最大級のタブー言っちゃったよwww

>そして彼らと盃を……!
>その道が険しいならばともにとか、つらら可愛いんだけど
>……しかし黒田坊の格好良さがもうたまらないわ。

確かにいい絵でございます

>つららが盃を交わした後、夜リクオが!?
>よろしく頼むぜ雪女、ってこれはやばい、格好良すぎる!

女だったら落ちるかな
俺は男だから落ちません

>他の皆も盃を。しかし毛倡妓は飲まないのね。

俺は毛倡妓もですが、河童もいないのが意外でした
まあ、アイキャッチが基準です
護衛もやってたし

手が水かきのままだったけど

>桜の木の上にいる夜リクオたまらん。
>やはり夜リクオのようになるのは難しい、
>強くて恐ろしくて怖いから。

こういう場面は結構好み

>それを聞いて、
>ちらっとリクオを見た時の夜リクオの表情が凄く好きなのですが。
>僕の全てを君に明け渡すつもりはない。
>降り立った夜リクオは、人間のことはリクオに任せることに。

こいつらって記憶共有してるだけの別人なんですかね?

>ガキだからガキ。
>やがて消えた夜リクオ……本当格好良かったな。

花弁になって消えるのがよし

>物音がしたと思ったら猩影でした。
>リクオは、四国のところへ乗り込むならば次は自分も一緒だと!
>相手はただの化け狸。
>そんなヤツ相手に勝手に死ぬ覚悟を決めるんじゃねぇ、
>って姿は昼なのに夜の声が聞こえる。

いい演出だ

>猩影は家族。桜の花で見えなくなったと思ったら、夜リクオに!
>後ろは俺らが支えてやるとか、どんだけ格好いいのかなぁ。

原作はもっとおっかなかっこいいですが
こういうのもまた良し

>まだまだほんの小さな百鬼夜行。
>牛鬼とかはいかないのかよーつまらん。

一番ぬらりひょんに心酔してる筈ですからねえ
牛頭馬頭は解らんけども

>いよいよ決戦ですかね。次回は素直に楽しみだなぁ。

気合入りますな

>次回予告、島はサッカーの日本代表なのに何故妖怪探しを?
>本当サッカーやれって感じですが、きっと清継が、ねぇ。

清継がスポンサーとかやってるんですかね
2010/12/01(水) 15:07 | URL | Lapis lazuli #pamUQ3n2[ 編集]
こんばんは。
この引っ張り具合だと間違いなく四国編で終了ですよね。
どうせならその先も見てみたかったです。

魔王の小槌を最初に聞いた時は私もハンマーだと思いましたよw
刀だなんて普通思いませんよねw

今回の鴆はイケメンでしたよね、普通に痺れました。
夜リクオの格好良さ、男は落とせないようで……残念ですw

昼と夜は、記憶共有してるだけの別人とか若干思っちゃいますよね。
実際どうなんでしょう?多分違うんだろうなぁとは思うんですけども。
2010/12/04(土) 20:23 | URL | isamu #halAVcVc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2168-c9b21ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
『浮世絵町の土地神の大半をしとめ、犬神の攻撃で奴良組の戦力を見極めた玉章(たまずき)は、いよいよ奴良組総攻撃の開始を決めた。その事態を察知したリクオはこれを迎え討つ決意を固めるが、先代との盃を交...
2010/11/23(火) | Spare Time
第20話「七分三分の盃」
2010/11/23(火) | Happy☆Lucky
僕は人間も妖怪も守りたい――。 猩影は、父の仇も討てと言わないリクオに疑念。 無謀にも一人で犬神に突っ込んでしまい負傷…。 奴良組の幹部たちにしてもリクオの百鬼夜行ではないと…。  ▼ ぬらりひょ...
2010/11/23(火) | SERA@らくblog
主のために----------!!玉章の為にという名目を掲げ、四国八十八鬼夜行が、この地に集まり続けている。大きな戦いがついに始まる予感・・・。一方、前回大変な目にあった清十字探偵...
2010/11/23(火) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
自分の目で妖怪を拝めていないことに、清継は憤りを感じていた。
2010/11/23(火) | 本隆侍照久の館
五分五分から七分三分へ
2010/11/24(水) | サイネリア~わたしのひとりごと~
「さぁて、百鬼夜行の始まりと行こうじゃないか」やっと人間リクオが百鬼を率いる覚悟
2010/11/24(水) | くまっこの部屋
玉章もいよいよ本気を出して四国八十八鬼夜行を率いて最終決戦を行おうとしている。 その時リクオは…?
2010/11/24(水) | まざまざの萌えを叫べ!
第20話「七分三分の杯」お前はお前の百鬼夜行でな…四国妖怪との対戦を前に、覚悟を決めたリクオ。 ぬらりひょんの孫 第4巻【初回限定生産版】 [DVD]出版社/メーカー: 東宝メディア: DVD?
2010/11/24(水) | ウサウサ日記
「よろしく頼むぜ、雪女」 これは惚れる。 夜リクオの口説き魔っぷりがニクイ(笑) カナちゃん・つららちゃんを惚れさせ、そのうち ゆらちゃんも虜にする気かー!  ↓  ↓
2010/11/24(水) | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
誰でもない、自分だけの百鬼夜行を作れ!リクオ、決意の時。「七分三分の盃」あらすじは公式からです。父を四国妖怪に殺された猩影{しょうえい}はリクオに不満を持っていた。自分...
2010/11/24(水) | おぼろ二次元日記
鴆兄さん、吠える!な、リクオ自身の百鬼夜行結成回でした。 先週までの引っ張り過ぎ展開から一転、ストーリーがきびきび動き、つららのサービスショットもバッチリな高クオリティ回だったのでテンション上がりました! 毎週このクオリティだったら神アニメなのに...
2010/11/25(木) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
テレビ版の 『ぬらりひょんの孫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 小さな百鬼夜行 (11/23 その2)   
2010/11/25(木) | ビヨビヨ日記帳2
ぬらりひょんの孫 第19話「七分三分の盃」「待ってましたぜ、この時を」「さあて、百鬼夜行の始まりと行こうじゃねえか」リクオの小さな百鬼夜行のはじまり公式HPより浮世絵町...
2010/11/26(金) | SOLILOQUY
ぬらりひょんの孫オープニングテーマEP(2010/11/24)MONKEY MAJIK商品詳細を見る  四国八十八鬼夜行との決戦を前にして、リクオが奴良組の若頭としての己を見つめ直す話でした。リクオは「ぬらりひょんの孫」...
2010/11/27(土) | 破滅の闇日記
タマズキが妖怪を集める。リクオはタマズキが人間にはもう手を出さないといって一安心する。キヨツグ以外は、みんな妖怪を目撃してた。キヨツグが合宿しようというが、みんな断る。...
2011/03/20(日) | ぺろぺろキャンディー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。