アニメ「ぬらりひょんの孫」 第23話 魔王の小槌

ここでは、「アニメ「ぬらりひょんの孫」 第23話 魔王の小槌」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぬらりひょんの孫 第1巻 [DVD]ぬらりひょんの孫 第1巻 [DVD]
(2010/09/23)
福山潤 平野綾 堀江由衣 櫻井孝宏 杉田智和 大塚周夫

商品詳細を見る

てめぇの言うその畏れ、俺達はてめぇのどこに感じろってんだ?
ぬらりひょんの孫」第23話あらすじ感想です。
畏れとは。

あらすじ
奴良組と四国妖怪との壮絶な戦いも奴良組のほうに戦況が有利に傾いていたが、玉章はその割には余裕を見せている。
こうなることは予想済みであり、敵うとは思っていなかったと彼は話す。
魔王の小槌を抜いた玉章は、自分の百鬼夜行を次々と斬っていく。鈎針女までもが犠牲となる。
夜リクオは運ばれてきた牛頭丸と馬頭丸によって、魔王の小槌のことを知る。
妖怪の気配を感じてやってきたゆらの前に玉章が姿を現す。倒そうとするゆらだったが、彼の前に式神が次々とやられていく。
危機に陥ったゆらだが、そこに夜リクオが現れ助かる。
隠神刑部狸のことをふがいなく思っている玉章は、魔王の小槌を手に入れて強くなった。
妖怪達は自分についてきた、これこそが畏れであると彼は考えていた。
魔王の小槌を振りかぶろうとするが、それを首無によって封じられる。
ここまでかと思われたが、犬神がカナを見つけて彼女を人質にとってしまった。そのやり方を玉章は美しくないと感じる。
再び動かせるようになった魔王の小槌で、玉章は犬神を斬った。それにより魔王の小槌は完全体となる。
畏れ、それは憧れ。玉章と夜リクオは相容れぬ運命なよう。そして遂に魔王の小槌は覚醒する。

感想
魔王の小槌、その覚醒。
まさかそうなるまでに丸々1話使用するとは思わなかったです。
今回はそこまで盛り上がらなかったけど、決着がつく最終回は素直に楽しみ。どう締めるのかな。

もう間に合わぬかもしれぬな玉章よ、と呟く隠神刑部狸。
その言葉に対して、ぬらりひょんは何も言わず……。
妖怪の気配を感じてそっちへと向かうゆら。カナも来たのか。どっちとも来ないほうがいいかと。
手当てをしている鴆のところに、猩影によって牛頭丸と馬頭丸が連れてこられたのですが、怪我人投げたw
あの青田坊が投げられた!?しかし青田坊はきっと手洗い鬼を倒してくれるはず。
岸涯小僧は河童の巨大なミズチ玉を食らって敗れたみたいですね、河童強いなぁw
おされるかんじの青田坊ですが、瞳が赤くなり……真の力が!?

青田坊は力が強すぎるので制御していたのですね。拳見事に決まったな、手洗い鬼ざまぁです。
弱い奴ほど群れたがるとはよく言ったものだ、と口にする黒田坊は、雑魚を一掃ですか。かっけぇなぁ。
鈎針女と毛倡妓。あんた達は奴らには勝てない、と言って途中まではうんうん、と言えたけど最後のはどうなのw
犬神は首無に動きを封じられたままですか。
何故鈎針女はそこまでして戦うのか、そんなに大将は魅力的なのか……?理解できん。
奴良組と四国妖怪との戦いは、どうも四国妖怪が不利な感じになっているのですが、それにしては玉章が余裕な感じと言うかなんと言うか。
こうなるのは予想済み。敵うとははなから思っておらず。
と、玉章の髪が……?

ぬらり23

手当ては後だ、と牛頭丸。リクオに伝えなければいけないこととは?
そんな奴らにも役に立つことがある、って何をする気なのだろう。魔王の小槌に取り込むとかそういうのかな。
魔王の小槌を抜いた玉章は、それで四国妖怪を斬っていく……!
玉章ぜよ、と言った犬神はあっさり抜け出てしまったよ。最初からそうしてれば……。
斬ったことにより刀が気持ち悪い姿になってきた。刀が生きている、ってこれ見てると紅桜思い出す。
止めようとした鈎針女まで容赦なく斬りやがった!
鈎針女は分かっていたけど考えないようにしていたと。玉章の畏れにではない、ただ怖いからしたがっていただけで……。
怒った毛倡妓が突っ込んでいこうとするも、そんなの斬られて終わるよ。首無が止めたのは正解ですね。
伝えるべきこと、もう間に合わないかと思ったけど間に合いましたね。えっさえっさと運ばれてくる光景が何かよかったw
魔王の小槌のことを知った夜リクオ。その間にも百鬼夜行は次々と斬られていき。

浮世絵町妖怪見学ツアー中の清継達。妖怪が僕らを待っている、と彼は言っているけど会えないから大丈夫です。
そしておぞましい妖気を感じるゆらは、式神を使って妖怪退治をしますが、見えない人にとっては痛い子に見えるんですかね。
黄泉送葬水包銃によりガラスが割れ、木々倒れる!そのゆらの前に玉章が姿を現したけど、どう考えてもゆらじゃ無理だ。
彼に対して黄泉送葬水包銃を放とうとするけど、その前に式神斬られて終了。他のもだめですね……惨敗だ。
そこにやって来た夜リクオのおかげで助かったようでよかった。お、玉章の仮面が割れた……!
死ぬぞ下がってろって、本当にそのとおりだよな。夜リクオは、ゆらに人間を守れと。妖怪のくせにとか妖怪風情とか言うなよ……。

玉章は自分を超えようとしているのだと話す隠神刑部狸。
300年前の、人間に倒されたという妖怪軍団の大将が隠神刑部狸だったのね。
隠神刑部狸のことをふがいなく思っている玉章は、魔王の小槌を手に入れて強くなった。
妖怪達は自分についてきた、これこそが畏れであると……!
魔王の小槌を振りかぶろうとするけど、それは首無によって封じられてしまいましたよ。
そして夜リクオのところには黒田坊達が。
ここまでか、と思われたけど犬神がカナを見つけてしまった、嫌な予感しかしない。
カナを捕まえた犬神は彼女を人質にしたようで。見事に夜リクオ達の足枷になってるなぁ……。好きな人には悪いけど邪魔だと思ってしまうよ。
妖怪と人間が共存するなんてできやしない!お前の負けだと言う犬神。
なんか犬神ここで死にそうな予感が凄くしますが……。
魔王の小槌が静かに振りかぶられた、これは斬られるんじゃないか?犬神がカナを舐める姿はやはりきもい。

ぬらり23

大丈夫、と夜リクオ。カナちゃん、怖かったら目ぇつぶってな。ちゃん付けがいいね。
過去。どうやら妖怪によって事故が起きたみたいですが、ボロボロなこの状態で寝てる清継すげぇよw
そこにやって来た青田坊達、そして夜リクオ。なんですけどちっさい、可愛い!
ちっさいけれどやはり強くて、妖怪一撃。
それを思い出して、貴方を信じてるから何も怖くない、と言うその台詞がなんだか凄く嫌です。
しかし人質にしていたのに何故投げた。
その犬神、新しい世界へ連れて行ってくれとか最後までついていくとか死亡フラグたちまくりです。

ぬらり23

で、それを裏切らず……犬神ここで退場。新しい世界へは連れて行ってもらえませんでしたね。
舌を出していなかったら、回想での彼の笑顔は中々に可愛かったと思うんだけどな。
君には感謝しているよ、と玉章。なぜならこれで魔王の小槌は完全体となるから。あそこでカナを人質にしてしまったのが運のツキでしょうか。
しかし汚いやり方とか、そういうのを玉章が言うか。自分が一番汚いやり方してると思いますが。
玉章の言う畏れを自分達は彼のどこにかんじればいいのか?仲間の骸を抱える奴には誰もついてこない!
畏れ、それはつまり憧れ。
玉章と夜リクオは相容れぬ運命。そして遂に魔王の小槌覚醒!夜リクオのほうは綺麗だけど、玉章のほうはなんか嫌だ。
次回予告、遂に最終回になるのかな?サブタイ格好いい。

(C) 椎橋寛/集英社・奴良組

TBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。※記事内に言及リンクを貼って送ってください

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, ぬらりひょんの孫, 23話, あらすじ, 感想, 魔王の小槌,

コメント
この記事へのコメント
>もう間に合わぬかもしれぬな玉章よ、と呟く隠神刑部狸。
>その言葉に対して、ぬらりひょんは何も言わず……。

これだけ聞くと重病持ちみたいに見えますな

>妖怪の気配を感じてそっちへと向かうゆら。カナも来たのか。
>どっちとも来ないほうがいいかと。

特にカナちゃんは大人しくしてなさいよorz

>手当てをしている鴆のところに、
>猩影によって牛頭丸と馬頭丸が連れてこられたのですが、
>怪我人投げたw

結構気が短いし、
猩影も一応体力無いですからね
怪我人だし

>岸涯小僧は河童の巨大なミズチ玉を食らって敗れたみたいですね、
>河童強いなぁw

楽しかったって余裕さんでしたしね

>おされるかんじの青田坊ですが、瞳が赤くなり……真の力が!?
>青田坊は力が強すぎるので制御していたのですね。
>拳見事に決まったな、手洗い鬼ざまぁです。

これを見てGガンダム想像した奴はきっといるはず

>弱い奴ほど群れたがるとはよく言ったものだ、
>と口にする黒田坊は、雑魚を一掃ですか。かっけぇなぁ。

でもリクオの百鬼夜行もめっちゃ群れてますorz

>鈎針女と毛倡妓。
>あんた達は奴らには勝てない、と言って途中まではうんうん、
>と言えたけど最後のはどうなのw

なんか一気に跡形も無く台無しになりました

>犬神は首無に動きを封じられたままですか。

結構頑丈ではありますな

>何故鈎針女はそこまでして戦うのか、
>そんなに大将は魅力的なのか……?理解できん。

顔立ちだけは整ってますがね

>そんな奴らにも役に立つことがある、って何をする気なのだろう。
>魔王の小槌に取り込むとかそういうのかな。

出陣前にもやってましたしね

>魔王の小槌を抜いた玉章は、それで四国妖怪を斬っていく……!
>玉章ぜよ、と言った犬神はあっさり抜け出てしまったよ。
>最初からそうしてれば……。

おとなしくしてた方が安全って気がしなくもないですが

>斬ったことにより刀が気持ち悪い姿になってきた。
>刀が生きている、ってこれ見てると紅桜思い出す。

確かに紅桜に似てますが
それ以上に、切れ味悪くなってんじゃないのかって思ったりしなくもないですが

>止めようとした鈎針女まで容赦なく斬りやがった!

原作どおりですな

>鈎針女は分かっていたけど考えないようにしていたと。
>玉章の畏れにではない、ただ怖いからしたがっていただけで……。

まあ、そんな感じではありました

>怒った毛倡妓が突っ込んでいこうとするも、
>そんなの斬られて終わるよ。
>首無が止めたのは正解ですね。

結構ほっとしました

>伝えるべきこと、
>もう間に合わないかと思ったけど間に合いましたね。
>えっさえっさと運ばれてくる光景が何かよかったw

真面目な雰囲気これをやるかって気がしなくもないですが

>浮世絵町妖怪見学ツアー中の清継達。
>妖怪が僕らを待っている、
>と彼は言っているけど会えないから大丈夫です。

終わりが近いからもしかしたら見えるかもですが
少なくともお前らを待ってない事は間違いないでしょうなs

>そしておぞましい妖気を感じるゆらは、
>式神を使って妖怪退治をしますが、
>見えない人にとっては痛い子に見えるんですかね。

見えない奴がいることに驚いてた

>黄泉送葬水包銃によりガラスが割れ、木々倒れる!
>そのゆらの前に玉章が姿を現したけど、
>どう考えてもゆらじゃ無理だ。

無理でしょうなあ

>彼に対して黄泉送葬水包銃を放とうとするけど、
>その前に式神斬られて終了。他のもだめですね……惨敗だ。

ゆらが弱いのか
玉章が強いのか微妙な感じです

>そこにやって来た夜リクオのおかげで助かったようでよかった。
>お、玉章の仮面が割れた……!
>死ぬぞ下がってろって、本当にそのとおりだよな。

あの子は地味に危険フラグ乱立してるからなあ

>夜リクオは、ゆらに人間を守れと。
>妖怪のくせにとか妖怪風情とか言うなよ……。


禁句だぁwww

>隠神刑部狸のことをふがいなく思っている玉章は、
>魔王の小槌を手に入れて強くなった。

そもそもどうやって手に入れたんだろうか?
原作と一緒なのかな?

>ここまでか、と思われたけど犬神がカナを見つけてしまった、
>嫌な予感しかしない。

お約束フラグですな

>カナを捕まえた犬神は彼女を人質にしたようで。
>見事に夜リクオ達の足枷になってるなぁ……。
>好きな人には悪いけど邪魔だと思ってしまうよ。

ヒロインの役割は主人公の引き立て役なのですよ

>妖怪と人間が共存するなんてできやしない!
>お前の負けだと言う犬神。
>なんか犬神ここで死にそうな予感が凄くしますが……。

予感ムンムンですな

>大丈夫、と夜リクオ。カナちゃん、怖かったら目ぇつぶってな。
>ちゃん付けがいいね。

いちいちかっこいいwww

>過去。どうやら妖怪によって事故が起きたみたいですが、
>ボロボロなこの状態で寝てる清継すげぇよw

13話の時もちらってやってましたね

>そこにやって来た青田坊達、そして夜リクオ。
>なんですけどちっさい、可愛い!

ミニ夜リクオは昼とどれくらい身長差があったのかな?

>ちっさいけれどやはり強くて、妖怪一撃。
>それを思い出して、貴方を信じてるから何も怖くない、
>と言うその台詞がなんだか凄く嫌です。

まあ、足引っ張っといて白々しいって気がしなくもないですが

>しかし人質にしていたのに何故投げた。
>その犬神、
>新しい世界へ連れて行ってくれとか最後までついていくとか
>死亡フラグたちまくりです。

確かに天高くそびえておりますな

>で、それを裏切らず……犬神ここで退場。
>新しい世界へは連れて行ってもらえませんでしたね。

新しい世界=死後の世界と考えたら
一応連れて行ってもらえたんじゃないですかね?

>舌を出していなかったら、
>回想での彼の笑顔は中々に可愛かったと思うんだけどな。

きっと多くの人たちがまったく同じ事思ったと思えます

>君には感謝しているよ、と玉章。
>なぜならこれで魔王の小槌は完全体となるから。

刀らしさ完全消滅ですが、どうやって鞘に入れるんだ

>あそこでカナを人質にしてしまったのが運のツキでしょうか。
>しかし汚いやり方とか、そういうのを玉章が言うか。
>自分が一番汚いやり方してると思いますが。

まあ、人間自体を汚いものみたいに見てる気配ありますしね
そういう部分も入ってるんじゃないでしょうか

>玉章の言う畏れを自分達は彼のどこにかんじればいいのか?

まあ、玉章の力ではなく刀の力ですからね

>仲間の骸を抱える奴には誰もついてこない!
>畏れ、それはつまり憧れ。

カリスマの一種???

>玉章と夜リクオは相容れぬ運命。
>そして遂に魔王の小槌覚醒!夜リクオのほうは綺麗だけど、
>玉章のほうはなんか嫌だ。

見事に光と闇を分けております

>次回予告、遂に最終回になるのかな?サブタイ格好いい。

更にもう一個以上あるようです
2010/12/20(月) 15:55 | URL | Lapis lazuli #pamUQ3n2[ 編集]
こんばんは。
カナは本当大人しくしてるべき人ですよね。
そして妖怪達は清継達を待ってない事は間違いないってのには同意ですw

そういえば玉章がどうやって魔王の小槌を手に入れたかの説明なかったですね。
気にもしていなかったんですけど……。

犬神は、そうですね。新しい世界が死後の世界と考えたら、連れて行ってもらえたことになりますかね。

最終回だ、と思っていたらもう1個以上あることになりましたね。
1期のようにだらだら展開にならないことを願います。
2010/12/22(水) 17:23 | URL | isamu #halAVcVc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2199-a38f8a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  #23「魔王の小槌」奴良組と四国妖怪との壮絶な戦いも、次第に奴良組のほうに戦況が有利に傾いていた。だが、追い詰められる玉章から余裕の笑みが消えることはなかった。いよ...
2010/12/14(火) | 日々“是”精進!
戦いは激しさを増す------------!!リクオの百鬼夜行と、四国妖怪たちの戦い。勝敗は・・・!?青田坊はあの胸にかけた髑髏が力の抑制になってたんだ。めちゃめちゃ強~い♪黒田坊。「...
2010/12/14(火) | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
「君は本当に僕の良い忠犬だったよ」 原作単行本6巻の「幹部戦」と「魔王の小槌」、それに単行本1巻の「魑魅魍魎の主となる」の一部にオリジナルを加えたものを消化と言うことですが、ついに玉章が魔王...
2010/12/14(火) | 日記・・・かも
いよいよ直接対決!と思いきや、魔王の小槌の能力完全解放にまる1話使うとか、良く言えば贅沢、悪く言えば引っ張りすぎェ…回でした。 ガゴゼ過去回想編をここで持って来たのは、原作既読者には良いファンサービスでしたが、だったらそれで1~2話作っても良かったの...
2010/12/14(火) | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
第23話「魔王の小槌」
2010/12/14(火) | Happy☆Lucky
 リクオの奴良組と玉章率いる四国妖怪が激突!両軍入り乱れる混戦模様の中、リクオは自ら玉章の元へと突き進んで行く。が、その行く手を阻んだのが四国妖怪・夜雀だった。夜雀の能力のせいでリクオと奴良組は窮地に追い詰められる。しかし、雪女つららの機転と活躍で夜雀...
2010/12/14(火) | もっとTo LOVEると美柑&ヤミを好きになる!(新さくら日記)
『奴良組と四国妖怪との壮絶な戦いも、しだいに奴良組のほうに戦況が有利に傾いていた。だが、追い詰められる玉章(たまずき)から余裕の笑みが消えることはなかった。そう、いよいよ彼の畏れの源、奴良組への...
2010/12/14(火) | Spare Time
Symphonic☆Dream(2010/11/17)片手☆SIZE[家長カナ・雪女・花開院ゆら(CV:平野綾、堀江由衣、前田愛)]商品詳細を見る  四国八十八鬼夜行も奴良組の面々に圧されていました。岸涯小僧は河童から強烈な水攻撃を...
2010/12/14(火) | 破滅の闇日記
ぬらりひょんの孫第23話「魔王の小槌」畏れとは憧れ劣勢な筈の玉章、四国側なのに何故かその顔から余裕が感じられて・・・公式HPより奴良組と四国妖怪との壮絶な戦いも、しだい...
2010/12/14(火) | SOLILOQUY
傷ついた妖怪たちに治療を施す役目の鴆。 彼のもとへ、牛頭丸と馬頭丸が運ばれてくる。運んできた猩影もここに来るべきではない体だろうに……
2010/12/14(火) | 本隆侍照久の館
畏れ=憧れ。  ↓  ↓
2010/12/14(火) | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
奴良組優勢で戦いは進むが、玉章は余裕? 魔王の小槌を振るい、仲間のはずの四国妖怪から妖力とする。 それこそが彼の畏れの源か…。  ▼ ぬらりひょんの孫 第23話「魔王の小槌」     妖力の集結に釣られて、ゆらとカナが来ちゃいました。 人を守ろうとする
2010/12/15(水) | SERA@らくblog
奴良組が優勢で奴良組対四国妖怪戦ですが、玉章はこれも予想していたという。玉章結局
2010/12/15(水) | くまっこの部屋
【魔王の小槌】 ぬらりひょんの孫 12 (ジャンプコミックス)著者:椎橋 寛集英社(2010-09-03)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ゆらMAXがカッコ良く見えてしょうがない今日この頃。 
2010/12/15(水) | 桜詩~SAKURAUTA~
リクオと玉章の戦いは最終局面へ。 勝ち残るのは果たしてどっちだ?
2010/12/15(水) | まざまざの萌えを叫べ!
第23話「魔王の小槌」奴良組の優勢の中、ついに玉章が魔王の小槌を味方に振りかざす。 ぬらりひょんの孫 第4巻【初回限定生産版】 [DVD]出版社/メーカー: 東宝メディア: DVD?
2010/12/15(水) | ウサウサ日記
あ~あ・・ゆらちゃんの後、カナちゃん、付いて来ちゃってるよぉ ゆらちゃんはまだ戦えるっていうか、陰陽師だからいいとしても カナちゃんが、あの場に来たら…イヤな予感しかしないよね?w リクオと玉章の戦いは続いていたが、それぞれの妖怪達の戦いも 続いていた。
2010/12/16(木) | ゴマーズ GOMARZ
ぬらりひょんの孫は完全なって 玉章が味方に攻撃小槌が成長し 人質かな思い出など引っ張り過ぎだが 次はリクオV...
2010/12/16(木) | 別館ヒガシ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。