アニメ「心霊探偵 八雲」 第12話 失意の果てに~憎悪~

ここでは、「アニメ「心霊探偵 八雲」 第12話 失意の果てに~憎悪~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心霊探偵八雲 第1巻 〈豪華版〉 [DVD]心霊探偵八雲 第1巻 〈豪華版〉 [DVD]
(2011/01/26)
小野大輔、藤村歩 他

商品詳細を見る

アンタの正体は、死者の、魂だ。
「心霊探偵 八雲」第12話あらすじ感想です。
両目の赤い男とは。

あらすじ
一心はドナー登録をしていた。家族である八雲の同意があればすぐに臓器は摘出されると言う。
左目にはおじさんの魂が見えていないから、彼は同意しなかった。一心をこんな目に遭わせた奴を八雲は憎む。
そんな時、一心のところにあの少女の霊が現れる。その霊を追っていけば、そこには間宮佳子とあった。
さっきの霊の正体は彼女に間違いない。彼女は移植手術を行わないと後半年の命だと知る。
晴香は後藤から中学時代の八雲のことを聞く。そこへ石井が現れて、七瀬美雪が逃亡したと言った。
そして後藤のところには妻から電話がかかってくる。電話をかわった土方から、八雲の様子がおかしかったと聞かされた。
八雲は榊原教授のもとを訪れ、教授が一心を故意に脳死状態にしたのだと言い出す。
自分の推察を話し終えると、教授は八雲の推理は憶測と話し出すのだが、彼は何故か犯行予告のことまで知っていた。
刑事が来たと聞いて慌てて逃げ出した教授だが、逃れた先で八雲が待ち受けていた。
メスを持ち襲い掛かってきた彼を気絶させると、そこに八雲父の姿があった。
自分が睨んだとおり、彼は死者の魂だった。彼の思いの根源は絶望と憎悪。
まだ終わってはいない。彼が言えば、そこに七瀬美雪が現れた。銃弾、その行方は。

感想
両目の赤い男、それは死者の魂。
今回にて正体がはっきりしましたね。そこにあまり驚きはありませんが……。
最終回がどうなるのか気になるところですね。八雲父とどうやって決着がつくのかな。

一心さんのカラコンを八雲へと手渡した晴香。
ドナー登録をしていたらしい一心。家族である八雲の同意があればすぐに臓器は摘出される。
八雲はどう答えたのか?
了承したのだろうなぁ、と思ったら、左目にはおじさんの魂が見えていないから同意しなかったと言います。
一心さんをこんな目に遭わせた奴を憎むのは当然のことですよね。
そんな時、一心さんのところに現れたのは……あの少女の霊。その霊を追っていけば、そこには間宮佳子と。
さっきの霊の正体は彼女に間違いない。彼女は移植手術を行わないと後半年の命。
担当医が手を尽くしたけどどうにもならない。だって佳子ちゃんは……その続きを聞かせてはもらえなかったのですが、気になる。娘とかそういう感じかな。
車をじっと見つめた八雲、その表情。一体どうしたというのか?

行方不明の車両を見つけた警官。その扉からは腕がだらりと下がっていて……。
そんなところに現れたのは八雲父。動くなよ、と近づいていく警官だけども、広報から七瀬美雪が。なんかすげぇ動きだったなぁw
八雲が犯人を突き止めた、と後藤に言った晴香。犯人が八雲父ではない、そんな気がすると言う。
普段と様子が違う。恨みの塊、世界の全てを憎んでいるみたいに見える。それは中学の頃の八雲のようで。
ド頭から。後藤さんが八雲と初めて会った時の頃から話し出し……。
初めて会った日から数年後に偶然再会した八雲と後藤。八雲のことを覚えていなかったのか……後藤さん。
しかししっかりと、八雲のほうは覚えていて。
痛めつけられていた八雲を見た後藤。目のことでこんなにも痛めつけられてるんだよね……悲しいことだ。

八雲12

その赤い瞳。ここでようやく八雲のことを思い出したのか。
その頃の八雲は、母親が自分のことを殺そうとした本当の理由を知らず……。
腐れ縁は現在までも続いている。私も変わった原因は晴香にあると思います、あんまり思いたくはないのだけど。
と、そんなところに石井。それは七瀬美雪が逃走したというもので。あの警官達殉職してしまったのか。
後藤のところに誰から電話がかかってきたのかと思えば、それは奥さんからのもの。
傍らには奈緒ちゃんがいて……土方さんを見つけて彼女のところへ。と、八雲が現れますが気づかず行ってしまった……。
八雲の様子がおかしかったことを後藤に報告する土方。彼は一体何をする気なのか?

八雲が訪れたのは榊原教授のところでした。彼が一心さんを故意に脳死状態にした?そんなまさか。
とぼけても無駄だという八雲は、貴方がやったことはれっきとした計画殺人だと。
石井が車を走らせていたら何故か通行止めになっていました。誰の仕業だよ。
死んだ人間の魂が見える八雲ですが、稀にそれとは別の魂も感知できる、それは生霊。
間宮佳子は先天的に魂が抜けやすい体質なのかもしれない。彼女が、患者にいつ死ぬのかを尋ねまわっていることを話し。
患者の誰かが死んで臓器が移植されれば自分は死なずにすむ。そんな強い思いが、魂が抜けるという現象を。
佳子は榊原教授の娘!?苗字が違うのは離婚したため。
本人はいらぬ誤解を受けないために隠していただけだと言って、その場を去って終了……かと思ったらそれで終わることはなく。

八雲12

自分の推察を話す八雲。
彼は一心が臓器提供に同意していると聞いて適合性を調べた。条件も独自に調べて、一心の臓器が彼女に移植されることが確実だと判断。
だが余命が1年ある。それを待っていられないから榊原教授は一心を……!?
刺したのは両目の赤い男なのではなんて思っていたのだけど。
誰が刺したかなんてはっきり映ってませんでしたし、男は榊原教授に近づいていたし……何を言ったのかは分かりませんが。
傷ついた車。あのすげぇ速度で近づいてきた車は榊原教授が運転していたものだったのね。
八雲の推理は憶測、と言い出した榊原教授。一心さんの事件は記事にすることが出来ないし、テレビも完全スルーなはず。
なのに何故、彼は犯行予告のこととか知ってるんでしょう?それはつまり……。
刑事がやって来たと聞いて、慌てて逃げ出した榊原教授ですが、そこに後藤刑事と晴香が。その人は追いかけるべきです。

逃れたと思った先に八雲!この天候じゃヘリも飛べず……もう終わりか。
12年しか生きていない彼女は確かにかわいそうですが、一心さんに対してどうせあと1年で尽きる命だと、死期を早めて娘を、助かる命を助けて何が悪い?と言うのはどうだろう。
奪っていい命がある。この人は医者としてどうなんだろうか。
メスを握って襲い掛かってきた教授を気絶させたところに現れた八雲父。遂に……対峙!
八雲を捜す後藤達ですが、まだ捜していない場所がある。そこへ皆で向かうことに。
この子は俺が守ると言った後藤さんは格好良かったですね。

八雲12

榊原教授をそそのかしたのは八雲父?彼はただ、きっかけを与えたに過ぎないと語ります。
全ての罪を自分が被るから、と教授に言い出した八雲父。ためらっていた教授ですが、人間の本質は闇だと聞いて……それで決意したのか。
八雲の睨んだとおり、八雲父は死者の魂!彼の思いの根源は……絶望と憎悪!
まだ終わってはいない、そんなところに七瀬美雪。彼女が放った銃弾は果たして!?
次回予告、遂に最終回なのですよ。いいところで次回となったので、普通に気になるところですな。どんな最終回になるんだろう。

(C)神永学・角川書店/NHK・総合ビジョン

TBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。※記事内に言及リンクを貼って送ってください

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, 心霊探偵八雲, 12話, あらすじ, 感想, 失意の果てに~憎悪~,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/2206-7530550a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今週の八雲は非常に美しくて それだけで満足でした (〃∇〃v)  以上ってくらい 八雲が美麗であれば いいんですヽ(*´∀`)ノ一心さんはドナー登録を行っていたよ...
2010/12/20(月) | 薔薇色のつぶやき
「失意の果てに~憎悪~」 一真さんが脳死状態になってしまい 八雲が少し変わってきたと感じる晴香 そして 犯人を突き止めたらしい… 後藤刑事に相談する晴香… 怨みの塊というか 世界の全てを憎んでるみたいにみえて… 中学生の頃の八雲の話をする後藤さ...
2010/12/20(月) | あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w
一心はドナー登録をしていた。 家族である八雲の同意があれば、すぐに臓器の摘出手術が行われるそうですが、八雲の赤い左目には一心の魂は見えず、同意はしなかったようです。 そ ...
2010/12/20(月) | ゲーム漬け
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。