アニメ「世界一初恋」 第1話 First impressions are the most lasting.

ここでは、「アニメ「世界一初恋」 第1話 First impressions are the most lasting.」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ご迷惑をおかけしました、ブログが復旧したと思われます。
本家記事はこちらになります、こちらまでTBをよろしくお願いします。

世界一初恋 特装版 第1巻 [DVD]世界一初恋 特装版 第1巻 [DVD]
(2011/06/24)
近藤隆、小西克幸 他

商品詳細を見る

馬鹿野郎!それは乙女のキュンゴマだ!!
春の新番(私にとっての)第4弾。
「世界一初恋」第1話のあらすじと感想です。
手抜きではなく。

(あらすじ)
前の会社でも文芸編集担当だった小野寺律だったが、新しい会社で彼は少女漫画に配属になってしまう。
おまけに編集長である高野政宗の第一印象は最悪だった。
代原を取りに行く正宗に律はついていくことになったが、そこで手本だと政宗にキスをされてしまう。
とりあえず2週間、多分持たないと律は感じていた。
文芸をやりたかった、宝物にしたくなるような本を作りたいだけなのに。
律の父親は出版社の社長。そのせいか昔から本が大好きで、何の他意もなく親の会社に入社した。
すぐに大物作家の担当になり、律はそれを嬉しいと感じていた。
心を込めて作った本が売れるのは何よりの幸せと感じていたが、自分の悪口が言われているのを聞いてしまった。
昔ならばショックで立ち直れなかっただろうが、既に捻じ曲がっていた律は逆ギレして会社を辞めた。
あの時から、物事はまず最悪の結末を考えるようになった。今の律は、彼の顔すら忘れている。
政宗を見返すため一晩中、少女漫画100本ノックをしていた律は編集部へ向かうが、そこで爽やかな青年達とやたらピンクな編集部を目にする。
彼等は二十日周期で雑誌を作っており、すべてが終わると羽化するのだと言う。
写植貼りは基本。原稿を見ている律は、漫画とは言え主人公がこんな簡単に幸せになっていいのかと感じていた。
一生懸命は報われるとか、信じていた時期もあったが、それがまやかしだと気づいてしまった。
政宗は、やはり律とどこかで会ったことがあると感じていた。それは、その後の律の言葉で確信に変わったようだった。

(感想)
今後どれだけの萌えを提供してくれるのか……期待。
待望のBLがやってきたわけですが、1話目から普通に面白かった。
ロマンチカスタッフなので安心して見れますよね。どんなキュン展開があるのやら……。

図書室での嵯峨先輩との出会い。
中高一貫校でただ見ていただけ、このまま心に隠しておくつもりだったのに……。
先輩が好きなんです。そう言ってしまった律、すべてが純粋だったあの頃。
そして10年後。小野寺律は、すっかりやさぐれた大人になったのでした。

世界一初恋1.

OP、喜多さんなことを喜んでいいのかどうか……。歌は普通に好きだな。
希望は文芸。前の会社でも文芸担当編集だったのに、少女漫画に配属になってしまいました。
辞令にも少女漫画部に配属する、としっかりと。
そして編集部に案内されるわけですが、男で少女漫画は窓際コース?
しかしそれが違うらしい。以前はお荷物だったそうですが、今の編集長がついてから1年で出版部門1位の成績に。
どうやらかなり有能な編集長である模様。そしてその編集部、どうやら男ばっかみたいです。
周期明けは素敵フェロモンが漂っているらしい。
……とりあえず2週間通ってやめる理由を見つけることにした律。
そしてエメラルド編集部へ。……今女子社員の変な声が聞こえたぞ。
挨拶をして顔を上げた律でしたが、編集部の皆さん死んでるw

編集部のことを聞こうとすれば、皆そそくさと。エメラルド編集部は果たしてどんな風に思われているんだ。
ただよう臭気。そして明らかになった編集長・高野政宗は、きちんとした感じとは違う編集長でした。
漫画はまるっきり初めて、と聞いた政宗はつかえねー、と、ぼそっと。第一印象は最悪。
代原を取りにいく政宗についていくことになった律、この時点で発売7日前。
ストックのは使えないのばっか。代原だから仕方ないんじゃと言えば、穴埋めとしか考えていないのならそいつはバカだと。
原石でいいからダイヤを突っ込んどけ。それはまあ、そうなんでしょう。
律もそう思ってはいるようですが、あくまでそれは理想論。

世界一初恋1.

ここのキスシーン、もう少しドラマチックに描けないか?とその場で描き直しをさせる政宗。
自分がキスをしても見えない。そりゃあそうですね、となると誰かがしてるのを見ないと……。
手本見せるから急いで描いて。手本て、キスする相手……律しかいないですよねw
本人はキスされるなんて思ってもおらず。腕掴まれて、キスされました。
まあ、ちゃんとキスシーンはなおせたようでよかったですねw
律は青ざめてますが、仕事だと答える政宗は平然としています。大人ですね。
とりあえず2週間、多分持たない。げっそりした感じの律には、何となく分かったことがあり。
文芸をやりたかった、宝物にしたくなるような本を作りたいだけ。

律の父親は出版社の社長。そのせいか昔から本が大好きで、何の他意もなく親の会社に入社。
すぐに大物作家の担当になり、それを嬉しいと感じていた律。作家との打ち合わせ……って回想にウサギさんの姿があるのは気のせいか。
心を込めて作った本が売れるのは何よりの幸せ。
が、聞いてしまった……。自分の悪口が言われているのを。
コネ入社は楽でいいだとか、結構酷い。しかしこの会社にいる限り、律はこういうことを言われ続けるのだろう。
自分にそのつもりはなくても、親の会社にってなるとやはりそう思われてしまうんだろう……。
昔の自分ならばショックで立ち直れなかったろうが、既に捻じ曲がっていた律は逆ギレw
あの頃は捻じ曲がっていなかったのに、何故こうなってしまったんだか。

あの時から、物事はまず最悪の結末を考えるようになった。現実で多少傷ついても、それが深手になることはない。
今の律は、彼の顔すら忘れてるんですね、そうか……w
政宗には、やる気ないなら邪魔だからやめてくれと言われてしまい。
誰だって最初は素人だと言う彼は、律を励まそうとしてくれている?その後の一言がなければよかったのにw
そんな2人は、どこかで会ったことがある?
机の上に積み上げた大量の少女漫画。漫画読むのは楽しいが、こんだけ読むのはさすがにしんどいな。
しかし、政宗を見返すために。
これから打ち合わせな政宗は、そんな律の姿を目撃。
一晩中、少女漫画100本ノックをしていた律はかなり眠そう。
そしてゴミダメ編集部へ……ってあれ?

世界一初恋1.

なんかきらきらしている人達がいるんだけど。しかもなんかすっげぇファンシーw
あの死んでいたのと同じ人物なのか、と言いたくなる。
エメ編じゃない人捕まえて話を聞けば、あれは周期明けなのだと。
二十日大根。彼等は大体二十日周期で本を作っているんだそう。編集の仕事、図……なんともわかりやすい。
そしてすべてが終わると、奴らは羽化する。まるで王子様だw
ピンクな編集部は、郷に入っては郷に従えの結果。
実績のあるその編集部は、色々伝説を作っているらしい。言わせないでくれ、って言われるとますます気になるその伝説。
そんな彼等は乙女部と呼ばれているとのこと。溜息もつきたくなるか……w

世界一初恋1.

写植貼りは基本。
原稿を見ていると、律にとって手抜きだと思える場面が出てきましたが、それを言ったら馬鹿者が!って何か飛んできた。ここは普通に吹いたw
それは乙女のキュンゴマ。いい具合に高めて一気に落とす、そのフィーリング……やがて律にも分かるようになるんでしょうか。
いくら漫画とは言え、主人公がこんな簡単に幸せになっていいのか?
現実ほど残酷と思うのは、自分がまともな恋愛をしてこなかったせいなのか。
一生懸命は報われるとか、信じていた時期もあったが、それがまやかしだと気づいてしまった。
背中を向けて前進しているだけ。……ネガディブだと思うけどなw
やはり政宗は、律と会ったことがあると感じていたらしい。
それは、彼がかつて図書館の本を全冊読む行為をしていたと聞いて、確信に変わった?
これはもうその先輩が政宗で確定なわけですが、果たして過去にどんな出来事があったのか。
EDもいい歌だぞ。こっちのが好きかも。
次回予告、次回もキスされておりましたな。用語説明とかしてくれるんですね、勉強になるな。
面白かったですね、次回も普通に楽しみだ。

©2011 中村春菊・角川書店/世界一くらぶ!!

TBが飛ばない方はこちらへどうぞ(ミラーブログへつながります)。※記事内に言及リンクを貼って送ってください

http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-685.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-862.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1.html
http://edoga.blog22.fc2.com/blog-entry-1438.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2719.html
http://uitosou.blog136.fc2.com/blog-entry-129.html
スポンサーサイト

関連タグ : アニメ, 世界一初恋, 1話, あらすじ, 感想, First, impressions, are, the, most,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。