アニメ「ロケットガール」 第2話。

ここでは、「アニメ「ロケットガール」 第2話。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2話「アッセンブリ-assembly-」



那須田の運転する車によって、ゆかりが連れて来られた場所はSSA――ソロモン宇宙協会。アルバイト禁止である高校に通うゆかりは、内緒にしてもらえますか?と車内で医学主任のさつきさんに頼むけれども、果たしてばれずにすむのかな……?

そこでゆかりは、彼女曰く恥ずかしい検査を受けさせられる事に。さつきさんはバイトよバイト、の言葉で済ませますけど、普通のバイトでこんな検査するわけがない。しかしゆかりのバイトは宇宙飛行士だからね(この時点ではまだ本人には知らされていないけど)。

検査の際にいちいちうるさいゆかりがなんかいい。女子高生って感じだな。

そして検査の結果、適性ありで完璧。さつきさんが那須田さんに結果を報告した時に初めて、ゆかりは自分が宇宙飛行士のアルバイトをする事を知らされる。

サルでも出来る簡単な仕事の宇宙飛行士。那須田がそう言ったのは、実際サルも宇宙に言ったからだぞうで。ああ、まあそれなら出来るものなの、かな。

那須田さんとさつきさんは、ゆかりなしでとんとんと話を進めていくが、ゆかりがそう簡単に納得するわけがなく、食いつきまくった結果無理です、と拒否。

しかし、父親を探すと言う目的。その痛い部分を付かれたゆかりは、それ以上拒否する事が出来ずに、結局アルバイトを引き受ける羽目になってしまった。



翌日。熱弁していた那須田。宇宙飛行士の体重が1k増えると、全体で70kも重くなるのか。はー、勉強になるな。

那須田の横に控えていた木下は、職員に向かって、ゆかりを死ぬ寸前まで鍛え上げるように指示。

というわけで、ゆかりに対する特訓の始まり。

5Gってどれくらいきついんだろうか。スイッチに手を伸ばすのが、上手く行かないくらいは、きついみたいですな。何かあれだ、さつきさんてSだよな……。



木下教官による宇宙航行学の勉強。何だあの方程式、わからねぇー!電卓があるだろうと言われて、電卓を使おうとするゆかりだが、その電卓には=がない。

逆ポーランド演算なんて、私も知らないし、つか普通知らないような気がするんだけど……私が無知すぎるのか?



そして勉強が終わって通された場所は、若干暗めの場所。そこで全部脱がされたゆかり。

何をするのかと思いきや、宇宙服を作るとの事。まあ型とるんならそりゃあ全部脱がないといけませんよねー。

何なのよーって感じのゆかり、続いては射撃訓練。女子高生に渡されたコルトガバメント(本物)。ええーいいな私持ってみたいぜ。

さっさとやらんかと言われ、こうなったら何でもやってやるとヤケクソ気味のゆかり。

構えて撃ったら、見事に後方に吹っ飛びましたとさ。あれ、衝撃が凄まじいって言うしね。うん。



遂に出来上がった宇宙服。厚さは2ミリですって、薄いですねー。

つか数日かかるのかとか思ってましたが、結構早く出来るものなのね。

スキンタイトスーツ。結構似合ってます。下着を着けていないので、尻の形とかやけにはっきりな気が……。ブラもつけれないんすね、嫌だよな。つけれないのは。よく分かります。

その宇宙服を着たゆかりは、ヘリに乗せられてどこかへと。



その頃、SSAには千歳に帰ったはずの安川が。彼は島でタクシーの運転手をする事になったそうでそのご挨拶に来たと。そこへ入ってきたさつきさん、ゆかりの事を話しながら入ってきたので、訓練の事がもろバレしてしまう。

安川曰く単独踏破訓練は、原生林で鍛えた安川でも死にかけたらしい。

意気込んで、迎えにいくと出て行ってしまう。

それを見送った那須田とさつきさん。さつきさんから、持っててくださいとゆかりの父親の写真を託された那須田。彼は、その写真を見て、過去を思い出す。

天下を取るぞ――と意気込んでいたその日。忠告をしてきたのがゆかりの父親だった、みたい。

ゆかりのパラシュートが北西に流され、タリホ族の集落に落ちた事を知った那須田は、ヤバイと物凄い勢いで車を走らせる。

それは、ぬかるみにタイヤを取られてしまっていた安川をも追い越して――。



ゆかりは、タリホ族の方々の注目の的になっていた。そして現れたのは、タリホ族の少女。1話でも出てきたあの子か……マツリって言うのね。何故か日本語が上手い、マツリ。そなたは?って何か間違ってるような気がするけど。自己紹介すると、酋長も森田だと告げるマツリ。

もりたひろし。その名前を聞いて、嫌な予感を覚えるゆかり。色々聞いて、ゆかりはその男が自分の父親だと知る。娘だと言うも、それが自分の娘だとは思わず、再婚したかと笑う酋長。

ゆかりはもはやキレている状態。そうね、普通怒るわ……。自分の父親が、タリホ族の酋長とかね。涙を流して、その話に感動している自分の父親に向かって、銃を向けるゆかり。落ち着いているけど絶対落ち着いてないよ。怖いよー。

日本に帰ろうと提案するゆかりに、宇宙飛行士をやり遂げたら、自分も日本に帰ると約束。果たしてそれが本当なのかは分からないけど。その場しのぎに思えない事もないなー。

ゆかりが帰った後、入れ違いで那須田が到着。話を聞いて、すぐに帰ってしまいましたが。



3日いないに戻れといわれていた訓練を、ゆかりは半日でクリア。戻ってきた那須田は、そこにいたマツリを見て、彼女もまた宇宙飛行士にする事を決意。マツリはあっさり了承。ゴーゴー花火と嬉しそうですよ。

……安川は、地面にタイヤを取られたまま。夜空にゆかりを呼ぶ声が響き渡る。



あー、これいいわ。普通に面白い。テンポが結構良いんじゃないだろうか。

ゆかりもマツリも可愛くて好きだー。さつきさんもSっぷりが素敵です。

2話目にしてゆかりの父親があっさり見つかったわけですが、あれが父親だったとはねー。母親以外に沢山奥さんもらって、しかも子供まで作って……ゆかりが怒らないほうがおかしいよな。日本に、本当に父親が帰ってくれればいいですね。でも、帰らない方がいいんじゃ?とかちょっと思ってしまいますけど。

今回初披露のOPは……1話目と2話目の映像を流して、間にロケットのCG入っただけだよねこれ。えーちょっとがっかり。次回は映像また変わるかな?

うーん。こうして見ると、本当にCGが安っぽいとか思ってしまうなぁ。

歌はICHIKOさんだし、良かったですよ。好きですな。

次回も期待ー。これからどんどんおもしろくなっていけばいいな。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harutoki2.blog18.fc2.com/tb.php/318-5671ab95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
前回不本意ながらバイトと称して宇宙飛行士になるはめになったゆかり。今回はその訓練をすることになったのだけど……大丈夫かいね?w死ぬ寸前まで鍛えろとは、人権無視も甚だしい命令。これから地獄の訓練がまってるともしらずわりと気楽に構えているゆかり
2007/03/01(木) |
ロケットガール 第2話「アッセンブリ -assembly-」2話目でいきなり父親発見!さすがにこれは想像していませんでしたね。しかもこの親父の性格はさらに予想外。いろんな意味でびっくりです。というわけで第2話感想。
2007/03/01(木) |
初お目見えのOP。3機のロケットがからみながら飛ぶのはどうかと思うぞ。ほとんどが
2007/03/01(木) |
ロケットガール 第2話「アッセンブリ -assembly-」あっさり父親発見、でも…^^;
2007/03/01(木) |
1話を見て「プラネテス」や「MOONLIGHT MILE」に比べると、リアルじゃない感じの話なんだなと感想を持った人が結構多いみたいです。原作の設定では、「ロケットガール」の方がむしろリアル路線のハードSFなんだけど、1
2007/03/01(木) |
「TVアニメ ロケットガール」それにしてもだ。それにしてもだよ。「ウチの学校アルバイト禁止なんですけど、内緒にしてくれます?」このゆかりの台詞を聞くと、やましいコトをしているように思えてしまった。
2007/03/01(木) |
『THIS IS TANPOPO COMMANDER YUKARI MORITA』「やっぱり歌はこうでなくっちゃね~」「歌詞が聞き取れないような歌は、歌じゃない!」「でも本編の映像をOPに回すなら、ARIAみたいにした方がいいかもね」「我等がトリエラ・・じゃなくて、ゆかりちゃん基地に御到
2007/03/01(木) |
 第一話はうっかり見逃して、二話から鑑賞。  原作は10年近く前に読んだものの、...
2007/03/01(木) |
サブタイトル「アッセンブリ -assembly-」  早速宇宙飛行士となるための過酷な訓練が始まる。  上空からジャングルに落とされたゆかりは、ある少女と運命的な出会いをする...
2007/03/01(木) |
■『ロケットガール』 #2 「アッセンブリ-assembly-」 WOWOWノンスク枠脚本:十川誠志 絵コンテ:青山弘 森木ひさし 演出:山岡実 作画監督:垪和等 諸貫哲郎 古佐小吉重【コメント】普通の女子高生のゆかり(仙台エリ)が、ソロモン宇宙基地の職員にはさも
2007/03/01(木) |
保健体育の授業
2007/03/01(木) |
天使は結果オーライ―ロケットガール〈2〉連れてこられた先はロケット発射基地だった。簡単なバイトをしないかと持ちかけられ、それを引き受けてしまったゆかり。しかし、そのアルバイトと言うのは宇宙飛行士。戸惑うゆかりに、早速宇宙飛行士になるための訓練が開
2007/03/02(金) |
ロケットガールmission02の感想です。正直もう感想書かないかもと思ってましたが。(実際放送時間30分前まで存在自体忘れてたw)見てて無茶苦茶過ぎる内容が逆に面白くなってきたw(まさに作者の思惑に乗せられた気がするぜw)こうでなくちゃ世の中面白
2007/03/02(金) |
身体検査合格って、それは体重38kgで 身体さえ健全ならば それでOKなんでしょうに。そして 最新技術の小型軽量リーズナブルな宇宙船ですかぁ。。。。そんな宇宙船&ロケットを 職人カタギで トンテンカンと作ってましたが。。。。 これは 正解です!ロケット
2007/03/02(金) |
 こんにちは、だんちです。昨晩、WOWOWにて「ロケットガール」の第2話を見まし
2007/03/02(金) |
「約束だからね。1回宇宙飛行士やったら迎えに来るから」
2007/03/02(金) |
「アッセンブリ-assembly-」こ、こいつは・・・
2007/03/02(金) |
ロケットガール第2話「アッセンブリ-assembly-」相変わらず仙台エリの「~じゃん!」という発声にとろけそうになってしまう、ロケットガールの第二話。今回は、本格的に宇宙飛行士としての訓練を受けるゆかりの姿が描かれた。ゆかりの最終目的である「行方不明の父親と
2007/03/02(金) |
父の捜索を手伝う条件でバイトを引き受けたゆかり。 サルでもできると言われたバイトは宇宙飛行士だった(笑) 時間がないため死ね寸前までの特訓を! 過酷なゆかりの日々が始る(^^; OP付きましたけど、曲はともかく映像は使いまわしばかりって…
2007/03/03(土) |
ハネムーンベイビーのゆかりちゃんは失踪お父ちゃんを探し当てるため、夏休みを利用してソロモン諸島の離島を探索する。秘境に滞在する日本人の音信を求めて尋ね訊ねて辿りついたわロケット発射基地。折りしも有人飛行計画の軌道修
2007/03/03(土) |
まあ,こういうところがむっちりなのはイラストレーターの力にもよるもので?
2007/03/04(日) |
お~、ゆかりっち訓練しまくってるな~。まぁ、宇宙行くなら当たり前なんだろうけどw 「二度と普通の電卓が使えない体にしてやるから・・覚悟しろ!」うははははw これが一番面白かったですw それにしてもかなり辛い訓練なのに、根をあげないゆかりっちはすご
2007/03/05(月) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。